シェアして頂けると嬉しいです!

Macでタブルタップするだけでウィンドウを最小化するように設定する方法

Macで作業をしている時に、あるウィンドウで作業をしなくなった場合は、そのウィンドウを最小化することがあると思います。

通常、ウィンドウを最小化するためには左上の黄色いボタンをタップする必要があります。

mac-double_tap-close_up5

管理人の場合はマウスを使っていないので急いでいる時なんかはこの最小化ボタンを押そうとして、誤って閉じるボタンを押してしまうことがあります。

そこで便利なのがダブルタップでウィンドウを最小化できる機能です。

スポンサーリンク

システム環境設定のDockで設定する

まず、「システム環境設定」→「Dock」をタップします。

mac-double_tap-close_up1

すると、次のようなダイアログボックスがでてくるので、「ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックしてウィンドウをしまう」にチェックをつけます。

mac-double_tap-close_up2

これで設定は完了です。

ウインドウを閉じるのも楽々に!

予めこの設定をしておけば、急いでいる時にカーソルを合わせづらい最小化ボタンをタップしなくても、ウィンドウのタイトルバーをダブルタップするだけでウィンドウを最小化することができます。

タイトルバーとは図で印をつけた部分です。

mac-double_tap-close_up3

タイトルバーの部分をダブルタップすると、このようにウィンドウがDockに収納されます。

mac-double_tap-close_up4

この設定をしておくとウィンドウの収納がかなり楽になるので、まだ設定していない方は試してみてください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です