シェアして頂けると嬉しいです!

サジェスト機能で入力速度が飛躍的に向上!文字入力ソフトはGoogle日本語入力がオススメ

今回は、文字入力ソフトはGoogle日本語入力にせよ!なんて記事を書こうと思います。最近Google日本語入力に変更したのですが、変えてから入力速度が飛躍的に向上しました。

以前、管理人は別の文字入力ソフトを使っていたのですが、文字変換の際に出てくる候補が乏しく入力時間が無駄にかかっていました。

これはいけないと思い、ユーザー辞書に何十個もの単語を登録していました。

これで改善されるかと思いきや、今度は文章を一気に入力した場合に各単語の認識がイマイチでわざわざ一単語ずつ確定しなければ意味不明な文章になってしまうことが判明。

手疲れるよマジで…。

さすがにこれについては改善のしようがなかったので、Google日本語入力が良いというアドバイスを聞き速攻変更しました。

ちなみに、このGoogle日本語入力はMacやWindows、Androidにも対応しています。

スポンサーリンク

Google日本語入力のダウンロード

Google日本語入力の公式サイトでソフトをダウンロードすれば、Google日本語入力を使うことができます。手続きはめちゃ簡単です。

まず、公式サイトで「Google日本語入力をダウンロードする」をタップします。

google-japanese_input1

次に、ダウンロードしたイメージファイルをマウントしてPKGファイルを起動すると、インストールが開始されるので、後はダイアログにしたがって手続を完了するだけです。

インストールが完了したら使用する入力ソフトを切り替えます。切り替えは右上のメニューから行います。Google日本語入力は青いアイコンです。(右にGoogleと表示されているのですぐにわかると思います)

google-japanese_input3

Google日本語入力のサジェスト機能がすごい

サジェスト機能というのは、いわゆる予測変換のことです。単語を入力しはじめると、入力しようとしている単語を予測して表示してくれるという便利な機能です。

このサジェスト機能により入力作業の速さが飛躍的に向上し、入力時間がかなり短縮されます。

Google日本語入力は、このサジェスト機能がすさまじく有能で、通常利用される言語にとどまらず、流行語やスタバのメニューまで予測して表示してくれます。

2015年の流行語の一つであるサードウェーブコーヒーも問題なく予測できます。

 google-japanese_input5

スタバのメニューである「ダークモカチップフラペチーノ」もご覧の通り。

google-japanese_input11

星マークやハートマークだけでなく、状況を想定した顔文字まで用意されています。

google-japanese_input9

これじゃ足りないって人もいると思うので、そんな時は「単語登録」から顔文字を追加登録できますよ。(`・ω・′  )これも!

google-japanese_input10

住所や時間もらくらく入力

住所の入力もかなり面倒です。自宅や職場の住所であれば予め単語登録している人も多いと思いますが、突発的な住所だとそうは行きません。

Google日本語入力であれば、郵便番号を入力すれば変換候補として住所も表示してくれます。

例えば、新宿区であればこんな感じ。これを使えば、市区町村までは郵便番号から変換入力できるので便利です。

google-japanese_input4

さらに、西暦から和暦にも変換してくれるので、和暦がわからなくても大丈夫。

google-japanese_input6

現在時間まで表示してくれます。

例えば、「今から大阪に向かいます。7時3分から出ると昼過ぎには大阪に着きます。」という文章を書く場合、今の時間を入力するのは面倒ですが、Google日本語入力だと「今」と入力するだけで変換候補に現在時間を表示してくれます。

google-japanese_input7

明後日の日付がわからなくても、Googleが変換候補で日付を表示してくれます。

google-japanese_input8

管理人も、Google日本語入力を導入してから入力作業でストレスを感じなくなりました。入力作業にストレスを感じている方は試してみてください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です