シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone 7では、薄型化のためイヤホンジャックが廃止される可能性があるとネット上で話題に

iphone7-earphone_jack1
※画像はiPhone6です

来年発表される予定と話題のiPhone7では、薄型化のためイヤホンジャックが廃止される可能性が高いとネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

iPhone7では、さらに1mm以上薄型化!?

アップル社は、iPhone6s / 6s Plusより1mm以上薄型化することを計画しているといわれており、そのためにはイヤホンジャックの形がネックとなります。

また、イヤホンの端子は世界標準規格となっているためイヤホンジャックの形を買えることは不可能です。

そこで、アップル社はイヤホンジャック自体を廃止した上で、代わりに先端がLightning端子となっているApple EarPodsを次期iPhoneに付属するようです。

Twitterの反応

iPhone7からイヤホンジャックがなくなるという話についてTwitter上では様々な意見が飛び交っています。

全体的にはイヤホンジャックの廃止について反対の声が多かったです。私が見る限りでは賛成の声はなかったようです。

確かに、管理人もiPhone5sの形が持ちやすくて好きでした。

薄くするとかなり持ちづらくなり結局カバーつける人が多いと思うので、薄型化はあまり意味ないような気がします。

話の流れからするとそうなりますが、iPod Touchよりも薄いiPhoneなどちょっと想像できませんよね。

極度の薄型化はかえって不便になりそうな気がします。

管理人も自宅ではiPhoneで音楽を聴いていることが多いので、この話は衝撃的ですね…。

自宅ではお気に入りのイヤホンを使っているので、さすがにちょっと困りますね。

iPhone7についてはこれまで様々な噂が飛び交っていますが、実際はどこまで本当なのかについては発売されてからわかることです。iPhone7がどう変わっているのか期待しつつ発売を待とうと思います。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です