シェアして頂けると嬉しいです!

Macの動きが重くなったと感じたら、一度Mac内のメンテナンスをすることをオススメします

mac-maintenance5

Macパソコンを使っていると、「動きがもっさりする」「アプリが落ちる」「購入当時に比べて格段に遅くなった」と感じている人も多いと思います。

パソコンの使用を重ねるうちに、使用するアプリケーションのキャッシュが増えたり、保存されるファイルも増えたりするので、その分使用するディスクの容量が増加していきます。

すると、使用する容量が増加した分パソコンの動作はどうしても遅くなってしまいます。

管理人も今のMacBookを1年近く使用していますが、最近は頻繁にアプリが落ちたりシステムが強制的に終了させられてしまうことが増えてきました。ひどい時は作業中にもかかわらず、PCが落ちてしまうこともあります。PCが落ちた時に作業中のファイルが自動保存がされておらず、また一から作業し直しなんてこともありました。

これでは作業にならないと思い、一度Mac内をメンテナンスしてみることにしました。

スポンサーリンク

不要なファイルを削除する

この方法はパソコン内のメンテナンスの王道といわれる方法であり、既に実行している方も多いと思います。

自分が不要と判断したファイルを削除するだけで容量の無駄食いがかなり減るので、手軽かつ有効な方法といえます。時間のない方はこれだけでも実行してみることをオススメします。

管理人もちょっと前に何かの時のためにメモを書きためておいたのですが、後で見ると全然使わないことが判明したので速攻削除しました。無駄な情報がファイルとして残されているだけでも気になって作業効率がかなり落ちたりするので、「何かの時のために…」って感じでとっておいたものはこの際整理してみるのもありです。

あと、ゴミ箱の中に入っているファイルも容量無駄食いの一因となるので、ゴミ箱を空にすることも忘れずに!

mac-maintenance1

不要なアプリケーションを削除する

mac-maintenance2

結構忘れがちなのがこれ。

アプリケーションを使うためにはそれを置いておく場所、つまりディスク容量が必要です。PCを家に例えると、アプリケーションは家電みたいなものでしょうか。

そこで、使わなくなったアプリケーションを削除するとかなり容量が節約される場合があります。

特に、OSのバージョンをアップデートした結果使えなくなったアプリケーションや、サービスが終了してそのまま使わなくなったアプリケーションなどは、削除し忘れてアプリケーションフォルダに残ったままであることが多いので注意が必要です。

私のMacBookで前述したような不具合が生じていた大きな原因はまさにこれでした。

以前MacでWindowsのOSを使うことができるVitualBoxを使っていたのですが、新しくWindowsパソコンを新調した時にMac上でこのVirtualBoxを削除することを忘れていました。このVirtualBoxがすさまじい容量を食っていました。

急にPCが落ちたりしていたのでもうすぐ壊れてしまうのかと落ち込んでいたのですが、原因がVirtualBoxだとわかってホッとしましたね。

ちなみに、VirtualBoxを削除してからPCが勝手に落ちることはなくなりました。

不要なキャッシュを削除する(上級者向け)

キャッシュとは、起動しているアプリが使用するファイルのことです。パソコンの使用年月が多くなればなるほど、使わなくなったアプリケーションのキャッシュも増えてきたりして不要なキャッシュが増えてきます。

そこで、要らなくなったアプリのキャッシュは定期的に削除しておきましょう。

まず、[Option]を押しながらメニューバーにある「移動」→「ライブラリ」をタップして、メニューから「Caches」を選択します。

mac-maintenance3

すると、このように溜まっているキャッシュのリストが表示されるので、ここから不要なキャッシュを削除していきます。

mac-maintenance4

セーフブートで楽々メンテナンス

セーフブートを使えば、不要なキャッシュを一括で削除してくれます。セーフブートの方法は比較的簡単です。

まず、Macの電源を一旦切ってから、起動ボタンを押して「じゃじゃーん」という起動音が聞こえたらすぐに[Shift]を押します。

リンゴのマークが表示されたら[Shift]キーから指を離してOKです。

少し待って右上に赤文字で「セーフブート」と表示されたら自動メンテナンスは完了です。

mac-maintenance7

ここで注意してほしいのが、1Passwordを使っていてパスワードをキャッシュで保存している方は、セーフブートを実行するとパスワードを保存したキャッシュも消えてしまいます。

なので、セーフブート後にWebページヘログインする場合は、パスワードアプリでパスワードなどをコピーしてから手動でログインする必要があります。もちろん、1Passwordに保存したパスワードが自体が消えてしまうわけではないのでご安心ください。

以上、Macの動きを軽くするための主なメンテナンス方法について書きました。

ちょうど大晦日が近いので来年の仕事始めに備えてパソコンをメンテナンスしておくと、気分もかなりスッキリすると思います。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です