シェアして頂けると嬉しいです!

コストコのガソリン販売価格がついに87円に

costco-gas_station1

スポンサーリンク

コストコのガソリンが相場よりも安いと話題に

コストコを含む外資系と地場のガソリンスタンドが熱い価格競争を繰り広げており、販売価格が1リットル当たり85〜87円にまで下がっているとネット上で話題になっています。

この価格競争の発端となったのは、11月18日にオープンしたコストコ中部空港倉庫店がガソリンを1リットル当たり地域最安値の115円で販売したことに始まります。

これに対して、これまで地域最安値の地位を築いてきたユニーオイル常滑りんくうSSがコストコに対抗してさらなる値下げを行いました。

両者とも地域最安値をキャッチフレーズにしており、いずれも対抗して値下げを繰り返した結果、ガソリンの販売価格が1リットル85〜87円となってしまったようです。

Twitterの反応

Twitter上でも、ちらほらコストコのガソリンが安いというツイートがされています。

コストコはタイヤも安いそうですね。

コストコは食料は頻繁な買い物が必要であるという点に着目して、より安く大量に買い物がしたいという顧客のニーズを取り込んで成功していますが、確かにAmazonのプライムサービスに通じるところがあると思います。

完全に赤字じゃないでしょうか。しかもガソリンは質を落として売ることができないはずなので、この値下げは赤字覚悟の値下げと思われます。

値下げ競争になってくると資金力のある方が有利なので、どっちかが撤退するまで続くんでしょうかね…。てか、資金力でいえば圧倒的にコストコが有利だと思います。

会員になったら、かなりお得な買い物ができそうですね。残念ながら、管理人はコストコ会員ではありません。

今の状況だとコストコは損失が出て大変じゃないかと思えそうですが、会員費で儲けているので問題ないようですね。

確かに、コストコの会員費は一会員当たり年4,000円で、これが毎年ほぼ確実に入ってきます。 しかも、一旦会員になると退会する会員も少ないので、結構強力な収入源だと思われます。 年4,000円というと、Amazonのプライム会員費と同じくらいですね。

WTI原油先物相場も最近は1バレル40〜43ドル当たりを推移していますが、40ドルを割れる見方をしている人もいます。

原油業界はどう変わっていくのか、今後に注目ですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です