シェアして頂けると嬉しいです!

Googleマップにイタズラした男性3人が書類送検

google_map-prank1

スポンサーリンク

Googleマップにイタズラした男性3人が書類送検

12月1日、Googleマップに事実とは異なる施設を書き込むというイタズラをした男性3人が、警視庁により軽犯罪法違反容疑で書類送検されました。

男性3人は、地図に施設情報を追加できるというGoogleマップの機能を悪用し、原爆ドームや国会議事堂に特定の弁護士事務所の名称を含む「核実験場」などとでたらめな施設名を書き込んだという疑いが持たれています。この書き込みにより、その弁護士事務所に問い合わせの電話が殺到し、業務が妨害されたということです。

この手口はハッキングではないので不正アクセス禁止法違反ではなく、軽犯罪法違反として処理されています。

3人はそれぞれ面識がなく、いずれも容疑を認めています。

これについてGoogle日本法人はこのような不正対策を強化した旨コメントしています。

Twitterの反応

Twitter上では、Googleのチャックの甘さを指摘する声があるものの、全体的に虚偽の施設情報を投稿するのは悪質な行為であるとして、男性3人については自業自得であるとするコメントが多いです。


弁護士事務所は実際に業務が妨害されたわけなので、こういうイタズラは良くないですね。

便利なサービスが悪用されてしまうのは、残念なことです。

Googleも不正対策を強化したようなので、今後同じような事件が起こることはなさそうですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です