シェアして頂けると嬉しいです!

「ASUS ZenFone 2 Laser」と「HUAWEI P8lite」を比較してみた

最近、IIJmio の格安SIMの契約を検討している管理人は、SIMフリー端末を探しています。条件は、価格がリーズナブルで性能のいい端末であること。

とりあえず IIJmio が提供している端末にどんなものがあるか調べてみたところ、「ASUS ZenFone 2 Laser」と「HUAWEI P8lite」というものがあり、いずれも非常に人気が高い端末でした。

そこで、両端末を徹底比較した結果、管理人はASUSの「ZenFone 2 Laser」を購入することにしました。今回は、その理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

バッテリーの持ちが良い

スマートフォンを選ぶとしたら、最も重視したいのがバッテリーです。スマートフォンでは電話やメールだけでなく、インターネットも使用するわけですから、時間当たりのバッテリー消費量も多くなりがちです。

スマートフォンのバッテリーが切れてしまってはかなり不便になるので、これだけは避けたいというわけです。

バッテリー容量は、「ASUS ZenFone 2 Laser」が2,400mAhなのに対し、「HUAWEI P8lite」が2,200mAhとなっています。

画素数が高く、手ブレ補正機能も付いている

デジタルカメラを持っていない管理人にとって、次に重視したいのが画素数と手ブレ補正機能の有無です。

特に、旅行の際は急いで写真を撮影しなければならないこともあるので、手ブレ補正機能がかなり役立ちます。可能な限り、手ブレ補正機能が付いたものを選択することをオススメします。

一方、画素数も高ければ高い程、画質が向上するのが基本なので、できるだけ高いものを購入した方が良いでしょう。

「ASUS ZenFone 2 Laser」は手ブレ補正機能付きで画素数が1,280×720なのに対し、「HUAWEI P8lite」は手ブレ補正機能なしで画素数が1,280×720となっています。

端末(ハード)が大きすぎず、重すぎない

管理人にとって、眠りにつく前に仰向けになった状態で端末をイジることが、この上ない至福の時間となっているので、大きさや重さは結構重視しています。

そうです。大きいと手で支えづらいし、重すぎると手が疲れてくるんですよね。笑

「ASUS ZenFone 2 Laser」は71.5×143.7×10.5mm(幅x高さx厚み)で、「HUAWEI P8lite」は71x143x7.7 mmとなっており、ZenFoneの方が若干大きくなっています。

両方ともぎりぎり手の大きさくらいです。

重量もZenFoneが145gである一方、P8liteは131gとなっており、ZenFoneの方が若干重いです。

まぁ、ZenFoneは他の面で高スペックですし、大きさも重さもP8liteとほとんど変わらないので、この点は妥協することにしました。(寝る前にちょっと手が疲れる程度なので。笑)

てか、重さの違いは14g程度で、10gに切れてるバターの2スライス分より軽いってことだから、ほとんど変わらないじゃないか。(゚ω゚)

デザインが好みとマッチングしていること

デザインに関しては多少重要度は下がりますが、もちろん好みに合っている方が気持ちよく使用できるので、判断基準の一つにしたいところ。

管理人は、ZenFoneのスタイリッシュなデザインと形状が好きです。ZenFoneの方は手に触れる部分が丸みを帯びているので、手にしっかりフィットして持ち易いのでは?と管理人は予想しています。色はもちろん黒にします!

使用可能なSIM

「ASUS ZenFone 2 Laser」はmicroSIMのみである一方、「HUAWEI P8lite」はmicroSIMとnanoSIMを使用することができます。

この点ではP8liteが勝っていますね。

価格がリーズナブル

「ASUS ZenFone 2 Laser」の価格は27,800円、「HUAWEI P8lite」の価格は27,700円と、いずれも非常に格安です。(いずれも価格com最安値:2015年10月時点)

上記のような性能の端末がこれだけの価格で手に入るのは嬉しいですね。

最後に

以上、価格に加えて両端末のスペックを徹底比較した結果、管理人は「ASUS ZenFone 2 Laser」を購入することにしました!(結局、後でP8liteも購入しました。)

今度、詳細なレビューを書きたいと思います。(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です