シェアして頂けると嬉しいです!

札幌地裁、逮捕歴が表示されるGoogle検索結果の削除請求を認容

google-judgement

50代の男性が12年以上前の逮捕歴に関する情報がGoogle検索結果のトップに表示されることを理由にGoogleに検索結果の削除を請求していた事件で、裁判所は男性のプライバシー権が侵害されているとして、男性の請求を認容しました。

スポンサーリンク

社会的意義が低下しているとして認容

男性には2003年に北海道警察に逮捕され罰金20万円の略式命令を受けたという経歴があり、Googleで検索するとその逮捕歴について書き込まれた掲示板が上位に表示されたので、男性はGoogleに削除依頼をしていました。

裁判所は、12年以上前の逮捕歴を公表する社会的意義は相当低下しているとして、男性の請求を認容しました。

一度逮捕されるくらいの過ちを犯したとしても、いつまでも事件に関する記事がネット上に残っていると平穏な生活もままならなくなってしまいます。一方で、ネット上のユーザーにも情報の内容を知る権利があります。

その辺の利害調整の決め手となったのが、事件から経過している期間の長さや犯罪の軽重だと思われます。略式命令は比較的軽い犯罪行為をした者に対して下されるものなので、その点も考慮されたのだと思います。

Twitterの反応

Twitter上ではそもそも男性の請求について実際に意味があるのかという疑問の声が上がっています。

確かにGoogleは最も多くのユーザーが利用する検索エンジンなので、そこから検索結果が消去されれば一定の効果はあると思います。

しかし、一旦ネット上に公開された情報はGoogleの検索結果だけでなく、他の検索エンジンの検索結果にも表示されてしまうので、この請求だけでは問題の情報を完全にネット上から消し去ることはできません。例えば、Googleでは検索結果が表示されなくても、Yahoo!で検索されればその情報が検索結果に表示されてしまいます。

また、Googleの検索結果が削除されたとしてもサイトに載っている情報自体は消えないのでそれも削除してもらうためにはサイト管理者に依頼する必要があります。

Googleが控訴するかどうかは不明ですが、もし確定すればこの男性は他の検索エンジンの会社も提訴したり、サイトの管理者に削除依頼をしたりする方針なのでしょうか。

この判決により一定の効果はあると思いますが、ネット上では完全に情報が消えるわけではないので、判決の意義については少々疑問が残るところです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です