シェアして頂けると嬉しいです!

コピー&ペーストを活用してWebページや検索結果を楽々表示させよう!

今までの Safari では、コピーしたページのURL(アドレス)や検索キーワードを検索窓にペーストして「開く」ボタンをタップしていましたが、これらのボタンはお互いに離れていて片手で行うのはかなりの手間でした。

iOS9 のSafari では、この一連の作業が簡素化され、Webページへのアクセスやネット検索がスムーズに行えるようになりました。

そうです!急いでいる時に限って、あの「ペースト」ボタンがなかなか表示されないイライラから解放されるわけです!

今回は、具体的にどうスムーズになったのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

URLをコピペしてWebページにアクセス

URLをコピーして検索窓を長押しすると、「ペーストして開く」というボタンが出てきます。

apps-safari1

このボタンをタップすると、コピーしたURLのページに一気にアクセスできます。

今まで行っていた「ペースト」ボタン→「開く」ボタンをタップする作業がなくなり、Webページへのアクセスがかなりスムーズになりました。

検索キーワードをコピペして検索

さらに、検索したいキーワードをコピーしてから検索窓を長押しすると、「ペーストして検索」というボタンが出てきます。

apps-safari2

これをタップすると、一気に検索結果が表示されます。

今まで行っていた「ペースト」ボタン→「開く」ボタンをタップする作業がなくなり、検索結果画面へのアクセスがかなりスムーズになりました。

既にWebページが表示されたタブでも実行できる

「ペーストして開く」や「ペーストして検索」は、既にWebページが表示さされている画面でも行うことができます。

URLか検索したいキーワードをコピーした後に検索窓を長押しすれば、「ペーストして開く」または「ペーストして検索」のボタンが表示されます。

apps-safari3

非常に便利になりましたね。

iOS9で大きく改善されたSafariを使いこなし、効率的に情報収集をして周りに差をつけちゃいましょう(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です