シェアして頂けると嬉しいです!

10〜20年以内に日本の労働人口の49%に当たる職業が人工知能で代替可能に

artificial_intelligence-job

スポンサーリンク

国内労働人口の49%に当たる職業が人工知能で代替可能に

野村総研は、10〜20年以内には日本で働いている人口の49%に当たる職業が人工知能により代替される可能性が高いという推計を発表しました。

代替される可能性が高い職業は販売や製造といった現場での仕事が多く、体系的な知識や交渉力、他者の理解が求められる医者、クリエイター、保育士などの仕事は人工知能に代替される可能性は低いということです。

人工知能に代替される可能性が高い職業といっても、それは仕事内容だけでなく労働市場における需給バランスなども影響してきます。人工知能やロボットにかかる費用よりも安い賃金で職を求める人がいる限りは、人工知能やロボットが導入されることはないでしょう。

今回の推計では労働市場の需給バランスなどは考慮されていないということです。

Twitterの反応

Twitter上では、古い意識を捨てなければ人工知能は浸透しない、機械にはイレギュラーな対応は難しいのではないか、人工知能の浸透により新しい仕事が創出されるといった声が上がっています。

確かにそうですが、日本も厳しい局面に来ているので、そろそろそんな事は言っていられないでしょうね。

昔は電話交換手やタイピストなどという職業があったそうですが、今では全然見かけなくなってしまいました。その代わり、ユーチューバー(Youtuber)といった新しい職業が出てきたりしていますよね。

時代の流れに乗らないと厳しい状況になってしまうことは確かでしょうね。

利用者の安全確保が重要な仕事になってくると人間が必要になることもあるでしょうね。ただ、人工知能やロボットにより人間の労力が大きく軽減されることは確かだと思います。

今後はどんな新しい仕事が出てくるのか全く想像がつきませんが、確かに今までもそうでしたね。

人工知能やロボットによりどういった変化がもたらされるのかが楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です