シェアして頂けると嬉しいです!

携帯キャリア3社が値下げプランを発表

mobile_rates-price_cut

スポンサーリンク

キャリア3社、今回は値下げ実現なるか

以前から総務省が携帯料金の高さについて懸念を示し、携帯キャリア各社に料金を下げるよう行政指導をしていますが、今回キャリア3社が具体的な値下げプランを発表しました。

現在、多くの家計ではインターネット回線とは別に携帯電話を一人一台持つことが普通になっています。とすると、一人あたりの携帯の通信費は平均して7,000円前後かかるので、家族4人だと携帯料金だけで月額28,000円前後もかかってきます。これにインターネット回線の料金を加えると3万円など余裕で超えてしまいます。

ボーナスカットやリストラなどで厳しいこのご時世、毎月これだけの通信費がかかってくれば、その分家計も圧迫されてしまいます。

総務省はこの点が消費活動の低迷につながっているのではないかと問題視しており、携帯料金値下げの行政指導に踏み切ったものと考えられています。

キャリア3社が発表したプランの内容

キャリア3社が発表した値下げプランの内容はそれぞれ異なっており、ドコモは家族割を充実させ、ソフトバンクは長期契約を優遇する値下げプランを実施し、auは現行の値下げプランの適用を通信量が少なめな小学生や高齢者に拡大するということです。

2ちゃんねるでは「ドコモのプランだと単身者にはキツい」、「その点、長期契約してれば優遇されるソフトバンクは良い」といった声がありました。

長期利用なら割引するかもって言ってるから、ドコモよりマシ。
ドコモは家族割増やすってよ単身者にはキツいわ

確か一人の契約台数が限られているはずなので、この方法だと契約の時は家族に来てもらう必要が出てくる場合がありそうですね。

ドコモの家族割りは天涯孤独なら気の毒だけど、独り身なだけなら実家の親を巻き込んで家族割を受けれる

引用元:ソフトバンク「うちは高級キャリアだから安易な値下げはしない、安くスマホ持ちたければワイにしろ」

携帯料金が多くの家計を圧迫していることは確かなので、これが実現されることは良い動きでしょうね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です