シェアして頂けると嬉しいです!

NTTドコモが先陣を切ってMNPのキャッシュバックや実質0円を廃止

docomo-cashback_abotion

スポンサーリンク

NTTドコモがMNP優遇廃止

NTTドコモが「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」において、ナンバーポータビリティ制度を利用して新規契約する乗り換えユーザーに対して行ってきた、キャッシュバックや一括0円による優遇を廃止する意向を表明しました。

ある会社の通信サービスを解約した後に、従来の電話番号を使用したまま他社の通信サービスを利用することができるナンバーポータビリティ制度が開始されてから、携帯キャリア各社は契約数を確保するためにMNPのユーザーをキャッシュバックや実質0円などで優遇してきました。

これについてネット上では長期契約のユーザーに不公平であるという声が上がっており、総務省もこれを問題視していたようです。

今回の決定はこういった不公平をなくすための一つの大きな動きとして注目されています。

これについてはネット上でも高評価の声が上がっています。

この問題はかなり前から指摘されていましたからね。


ソフトバンクやauもこれに追随するか

NTTドコモは約2,400もの販売代理店に対してMNP優遇措置を控えるように指導する方針であるということです。これはかなり影響が出そうですね。

NTTドコモが先陣を切ったことで、ソフトバンクやauもこれに追随するかという点も気になるところです。今回MNP優遇を廃止したのがドコモである点がポイントでしょう。今のところは大きな動きはないものの、キャリア3社の中でも最も高いシェアを誇るドコモが動けば、将来的にソフトバンクやauもMNP優遇を廃止する可能性が高くなりそうですね。

ソフトバンクやauがドコモに追随すれば、MNP優遇の一環として行われてきた実質0円やキャッシュバックキャンペーンの広告を見かけることはほぼなくなるでしょうね。

今回の動きがきっかけとなり、短期契約者が得している分を長期契約者が負担するという不公平な状態が少しでも改善されると良いですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です