シェアして頂けると嬉しいです!

カフェインの摂取は程々に。20代男性がカフェイン中毒で死亡

caffeine_addiction

スポンサーリンク

20代男性、カフェイン中毒で死亡

カフェイン入りの清涼飲料水を常用していた20代の男性がカフェイン中毒が原因で死亡しました。男性の胃にはカフェイン錠剤の欠片も残っていたということです。

福岡大学法医学教室は、男性の胃に残っていたカフェイン錠剤が死亡の直接的な原因ではなく、男性が常用していたカフェイン入りの清涼飲料水が原因であると分析しています。

また周囲の状況などから自殺の可能性はないということです。

カフェイン中毒死については最近問題になっており、アメリカでは既に数十件の死亡例が報告されています。日本人のカフェイン中毒による死亡は今回が初めてです。

確かにカフェイン入りの清涼飲料水は適度な量であれば眠気が改善され集中力が増すので、仕事や勉強に役立つことは確かです。

ただ極端な量の摂取は身体に危険なので、カフェインの効き目が切れたら適度に眠るというのも一つの方法だと思います。

カフェインの摂取許容量

分かりやすい「体重ごとのカフェインの摂取許容量」の表がツイートされていたので、共有しておきます。「エナドリ」というのはエナジードリンクのことだと思います。

一度身体を壊してしまうと元通りになるまで結構な時間がかかるので、万全を期して摂取量が「半数が急性症状」の量にならないように注意したほうが良いと思います。

私の場合はコーヒーを3杯程度飲むことがあるのでちょっと危険ですね。エナジードリンクもごくたまに小さいのを1本飲みますが、それでも結構効きますよね。慣れてくると量が増えるんでしょうかね。

商品名ごとに含まれているカフェインの量を示す表もTwitterでシェアされていました。ご参考までに。


こうなったら控えろ!カフェイン中毒のサイン

カフェイン中毒で死亡するまでには様々な自覚症状が出てくるので、多くの場合はその症状がカフェインを控えるサインになるはずです。

カフェイン中毒になると以下のような症状がでてきます。

  • 頭痛
  • 眠くなる
  • 倦怠感が出てくる(体がだるくなる)
  • 集中力が低下する

症状がひどくなると嘔吐といった症状も出てくるようです。

これらの症状が出てきたら、カフェインが入っている飲料の摂取は控えましょう。カフェインが含まれている飲料は意外と身近に存在しており、コーヒーやエナジードリンクだけでなく、緑茶やココア、コーラ、紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶などにもカフェインが含まれています。

これらの飲料を大量の飲む癖のある方は普段から飲む量に気をつけた方が良いでしょう。

Twitterの反応

Twitterではカフェイン入りの飲料の摂取は程々にすべきとするツイートから、カフェインを大量摂取せざるを得ないような労働環境に問題があると指摘するツイートまでありました。

大量の仕事を抱えていたりすると、こういったものを大量摂取せざるを得ないのかもしれません。

カフェイン中毒は、通常では常識外れの量を飲まない限りなかなかなることはないようですね。

確かにレッドブルを飲むと集中力が半端無く出て仕事がはかどりますが、程々に・・・。

何事も極端な摂取だけでなく、極端な抑制も良くないでしょうね。

私は「疲れても頑張れ」と言われてもあまり頑張らないタイプなのですが、中には本当に頑張り過ぎてしまう人もいるでしょう。

受験とかになると超直前期(直前2週間くらい)はエナジードリンクを飲むくらい頑張る必要があるかもしれませんが、普段は適度な睡眠をとれる程度に頑張るのが良いと思います。

あくまでもこういったものはキャッチフレーズなので、あまり真に受けない方が良いと思います。

カフェインの許容量が出ています。一番上に引用したツイートの表と単位(mg)が同じなので、合わせて参考にしてみてください。

適度にカフェインを摂取する程度であれば仕事や勉強が捗って良いと思いますが、極端な摂取はかえって自分の身体を痛めつけ結局は仕事や勉強に支障が出る結果となってしまいます。

心当たりのある方は、これを機に改めることをオススメします。(まぁ人のこといえないんですけどね。)

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です