シェアして頂けると嬉しいです!

Ankerのモバイルバッテリー(PowerCore 20100mAh)を購入レビュー

anker-mobile_battery1

スポンサーリンク

Ankerの PowerCore 20100mAh を購入

ちょっと前まではモバイルバッテリーが必要になることはあまりなかったのですが、つい最近必要になることが何度かあったので購入しました。

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー パナソニック製セル搭載) iPhone / iPad / Xperia / Galaxy / Android各種他対応 マット仕上げ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】(ブラック)

特に外出しようとしている時にiPhoneのバッテリー残量が数%にまで減っていることに気づいた時のガッカリ感は半端ない。他の端末を持っていればなんとかなるでしょうが、端末が一つしかないときは1日が無駄になってしまいかねません。

というわけで、このリスクを考えれば数千円の出費は安いだろうということで購入。モバイルバッテリーがあると安心感がありますね。

PowerCore 20100mAh の開封

パッケージの裏はこんな感じです。Ankerの製品はパッケージのデザインがイケていますね。

anker-mobile_battery2

フタを開けると紙が2枚入っており、一つはWelcome Guideです。使用時の注意事項などが書かれています。

anker-mobile_battery5

もう一つは、表に「Happy?」、裏に「Not happy?」と書かれた紙です。

Happyの方を確認すると、AmazonへのレビューやAnkerへのコンタクトの方法について書かれています。

一方Not happyの方を確認すると、何らかの不都合があった時のためのカスタマーサポートの連絡先が記載されています。かなり手厚いですね。

anker-mobile_battery4

中身はこんな感じ。本体とUSBケーブル、専用の入れ物です。結構シンプル。

本体の大きさは約6.2cm✕16.7cm✕2cm(縦✕横✕厚さ)です。ちょっと長いですが、大容量のモバイルバッテリーにしてはコンパクトな方でしょう。

anker-mobile_battery6

2つのUSBポートとインポート用のマイクロUSBポートが付いています。2つの端末を同時に充電することができる点はありがたいですね。

anker-mobile_battery7

右側面の矢印で示す場所に電源があるので、充電の際はこの電源をONにします。電源がONになると右上の青いランプが点灯します。

ちなみに、ランプが4つ点灯しているときは100%、3つのときは75%(Welcome Guideには書いていませんがおそらく)、2つのときは50%、1つのときは25%の残量があることを示しています。

1つのランプにつき25%と考えると分かりやすそうです。Amazonの商品説明によると、充電可能な量は、iPhone6に7回以上、Galaxy S6に約5回、iPad miniに約2回充電できる程度となっています。

anker-mobile_battery8

専用の入れ物もあるので、かばんの中に入れっぱなしにしていてもしっかり保護してくれるので安心です。

anker-mobile_battery9

Amazonではセール中のようなので、気になる方はチェックしてみてください(`・ω・′ )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です