シェアして頂けると嬉しいです!

指紋認証が安全とは限らない?遠隔からでも指紋認証データがハッキングされる可能性があると話題に

android-fingerprint_authentication

スポンサーリンク

指紋認証のセキュリティレベル

一般的には指紋認証は最もセキュリティのレベルが高いとされている生体認証の一つで、最近ではiPhoneをはじめパソコンやAndroid端末の認証方法としても採用されています。

指紋は人それぞれ異なっており、しかも指紋の所有者でなければ認証をすることができないので、セキュリティのレベルの高さには定評があります。

とすると、指紋認証を使っていれば意図せずにデータが漏れることはないと安心しきっている方も多いのではないでしょうか。

指紋認証も完全に安全とはいえない!?

このようにセキュリティのレベルが高いと認識されている指紋認証も、完全に安全とは言い切れない研究結果が報告されています。

今年米国で開催されたBlack Hat USA 2015において、ある研究チームが遠隔操作で指紋認証データをハッキングできるかどうかを検証したところ、実際に指紋認証データごとハッキングできたという実験結果が公表されました。

通常は指紋認証は本人以外が行うことができないのですが、今回の研究結果では指紋認証データごとハッキングできたということなので、ハッキングに成功すれば本人以外でも遠隔操作で端末内のデータを盗み見できてしまうことを意味しています。

この研究結果により、指紋認証が絶対に安全であるとは言い切れなくなってしまいました。

同研究チームは、今回の研究結果を受けて指紋認証が搭載されたパソコンやAndroid端末がハッキングの対象になるおそれがあると指摘しています。指摘された端末に関しては、既に販売業者によりパッチが発行されているようです。

指紋認証が搭載されているAndroid端末はGalaxyやHTCなど現時点では限られていますが、指紋認証センサーの価格が低迷していることから今後指紋認証搭載端末が増加することが予想されます。

もっともiPhoneではスキャン済みの指紋認証データを暗号化されているのでハッキングされる可能性はないとされています。

Android端末でもiPhoneのように暗号化するなどの対策が求められるでしょうね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です