シェアして頂けると嬉しいです!

デジモノステーション2月号の付録となっている「0 SIM by So-net」を使用する際の4つの注意点

デジモノステーション2月号の付録「0 SIM by So-net」がかなり太っ腹であると話題になっています。

スポンサーリンク

「0 SIM by So-net」って何?

0 SIM by So-net」はデジモノステーションとSo-netがコラボして作ったもので、なんと499MB/月までの利用が無料となる夢のようなSIMカードです。無料なのは499MBまでなので、どちらかというとライトユーザーに嬉しい付録となっています。

利用回線はNTTドコモの4G(LTE)回線で、下り速度は最大225Mbpsです。また5GBまでであれば速度制限もかかりません。

既に書店ではほとんど見かけない状態になっており、コンビニにはいくらかの在庫はあるものの既に品薄の状態となっているようです。

開通期間は2016年2月24日までなので、使いたい方はコンビニへGO!

Amazonでは既に売り切れとなっており、SIM未開封のものがマーケットプレイスで出品されていますが、定価の倍以上にまで高騰しています。気になる方はデジモノステーション2月号の商品ページをチェックしてみてください。

0 SIM by So-netを利用する際の4つの注意点

無料なのは499MB/月の利用まで

無料となるのは499MB/月までで、それ以上利用すると以下の追加料金がかかってきます。

500MB ~ 2,047MB : 100円~1500円
2,048MB ~ : 1600円

※ちなみに1,000MB=1GBです。

開通期間は2016年2月24日まで

開通期間は来年の2月24日までとなっており、気になる方は急いだ方が良いと思います。

3ヶ月間の利用データ量が少ない場合は自動解約となるようですが、それ以外の場合は解約手続きが必要と思われます。実際に利用してみてそれ以上利用する予定がなくなった場合は解約手続きも忘れずに。

クレジットカードが必須

「0 SIM by So-net」の利用を開始するには利用登録が必要ですが、その際にクレジットカードが必要となります。

これは499MBまでしか利用する予定がなくても同様だと思います。

ICカードを返却しないと3,000円の請求が来る

ICカードを返却しなければ3,000円の請求が来てしまうので、利用後はICカードの返却を忘れずに。ICカードとはピンクの水玉模様のドコモのカードのことです。(もちろん最初に取り出したSIMも返却します)

返却を忘れて3,000円を払うのはちょっともったいないので気をつけましょう。

よくよく見ると、結構安い

499MB/月まで無料というキーワードに飛びついてみたものの、よくよく見ると利用料金はキャリアに比べればかなり安いほうだと思います。やはりそこはMVNOならではだと感じました。

通信速度次第では快適なインターネットに大いに役立つでしょう。

So-netとしても、お試しのために499MBを無料で利用してもらう意図なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です