シェアして頂けると嬉しいです!

【El Capitan対応】iPhoneをMacに接続してもiPhotoが自動的に起動しないようにする方法

iphoto-automatic_start_invalid1

デフォルト設定では、iPhoneをMacに接続するとiPhotoが自動的に起動するようになっていると思います。

すぐにiPhotoを使う場合は便利ですが、単に充電したい場合などは起動したiPhotoをいちいち終了させなければならないのでちょっと面倒だと思います。

今回はiPhoneをMacに接続してもiPhotoが自動的に起動しないようにする方法について共有したいと思います。

スポンサーリンク

イメージキャプチャを起動する

まずiPhoneとMacをUSBケーブルで接続した状態でイメージキャプチャを起動します。ついiPhotoを使うものと思いがちですが、実はイメージキャプチャを使います。

イメージキャプチャでは、ピクチャに関する設定を変更ことができます。

iphoto-automatic_start_invalid2

「設定」で割り当てなしに変更する

イメージキャプチャを起動したら、左下の「設定」を開きます。

iphoto-automatic_start_invalid3

「設定」を開くと「このiPhoneを接続時に開くアプリケーション」のところが「iPhoto」になっていると思いますが、これを「割り当てなし」に変更します。

iphoto-automatic_start_invalid4

これで設定は完了です。iPhoneをMacに接続してもiPhotoが開かないようになるはずです。

iPhoneとMacを接続した際にiPhotoを起動させたくない方はこの方法を試してみてください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です