シェアして頂けると嬉しいです!

【クラウドストレージ】OneDrive15GBの継続利用が可能に 手続期限は1月末まで

onedrive-keep_15gb1

スポンサーリンク

OneDriveの15GBを継続して無料で利用可能に

以前OneDriveは、一人で75TB以上も利用したユーザーがいたことに対応して多くの人に安定的にサービスを提供するために、無制限プランを廃止するとともに無料サービスの利用可能容量を15GBから5GBに変更しました。

利用可能容量が縮小される結果超過分についてはデータ移行の必要がでてくるので、それに配慮して変更後1年間の猶予期間が設けられていますが、その間に超過分のデータをどこに置くべきかという問題に直面しているユーザーも多いと思います。

Microsoftはこれに配慮して、一定の手続を経ればサービス容量が5GBに縮小された後でも15GBを継続して無料で利用できるようにしました。

OneDriveはMicrosoftがサービスを提供していることもあり、Officeソフトにも対応している点が大きな特長となっています。Officeソフトの利用者であれば容量を確保しておいても損はないでしょう。

15GBの継続利用を可能にする方法

手続といってもそんなに煩雑なものではなく、既にMicrosoftアカウントを持っている方であれば、そのアカウントでログインするだけです。Microsoftアカウントを持っていない方でも無料登録をすれば15GBの継続利用が可能となります。

手続はOneDriveのボーナスページで[Keep your free storage]をクリックして行います。

onedrive-keep_15gb2

手続期間は2016年1月31日までなので、まだ手続を完了していない方はお急ぎください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です