シェアして頂けると嬉しいです!

Twitterの制限文字数が140文字から1万文字に拡大!?

twitter-character_limit_expansion

スポンサーリンク

Twitterの制限文字数が140文字から1万文字へ

Twitter社はツイートの制限文字数を従来の140文字から1万文字へ拡大することを検討しており、それがネット上で話題となっています。

Twitter社がツイートの140文字の制限を設けていたのはメッセージソフトの処理能力に合わせてきたことが理由でした。

そして、Twitter社は既にダイレクトメッセージで制限文字数を1万文字に拡大しており、特に技術上の問題が生じていないため、今回の拡大を検討しているということです。

1万文字制限に拡大されても表示させるのは140文字までで、ツイートをクリックすればすべてのメッセージを確認できるようにする方針だということです。

しかしTwitterは、140文字制限によりコンパクトで的を絞ったツイートが次々となされ情報収集ツールとして人気を博しました。すなわち140文字制限は、結果的にTwitterが大人気SNSサービスとなる大きな理由の一つとなりました。

そういった経緯もあり、今回の制限文字数拡大についてネット上では疑問の声が上がっています。

Twitter上の反応

Twitter上では全体的に反対意見が多いようです。「ツイートの確認に時間がかかる」、「これじゃあブログと変わらない」、「無駄な文章までツイートされることになる」といった声が上がっています。

やはり様々なジャンルのユーザーによってなされたコンパクトなツイートを時系列で確認できるという点がTwitterの魅力であることが大きいようです。

無駄な文章は読み飛ばせば良いかもしれませんが、そうなると情報を選別する作業が必要になってくるのでその分時間がかかってくるでしょう。Twitterのツイートは内容のポイントが絞られているので素早く必要な情報をピンポイントで確認できるのに役立つと思います。

個人的には140文字制限のままでいいんじゃないかと思いますけどね。今フォローしている人たちが全員長いツイートし始めたら、それを全部確認するだけで何日もかかってしまいそうです。

そうなると、時間の関係で最初の140文字だけ確認することになる人も多いでしょう。とすると、結局始めの140文字が勝負ってことになりますね。はじめの140文字が面白くないとクリックしないでしょうし。

果てしない…。

同じ言葉や文章の繰り返しや顔文字のみのツイートなど、無駄なツイートがされる可能性はあるでしょうね。

こうなってしまうととても読む気になれない気がします。てか、1万文字ってヘタすると大部分のブログ記事より長いんじゃ・・・。「みるにゅーす」も長くて1記事につき1,000〜2,000文字くらい(引用を含む)ですよ。

Twitter社は制限文字数を拡大することによって、どういった利用を想定しているんでしょうね。

確かにこんな心境です。

Twitterもいろいろと試行錯誤しているようですね。良いサービスなのに、ここ最近なぜ色々と変えようとしているのかは少々疑問ではありますけど。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です