シェアして頂けると嬉しいです!

中国のサプライチェーン筋もiPhone7のイヤホンジャック搭載の有無について言及

iphone_with_earphone1

以前「イヤホンジャックのないiPhone7のコンセプト・デザインが公開される」の記事でiPhone7からイヤホンジャックが廃止されるという噂に基づいて作成されたコンセプト・デザインを紹介しましたが、中国のサプライチェーン筋もイヤホンジャックの廃止について言及しており、ネット上で話題となっています。

スポンサーリンク

イヤホンジャックの廃止は薄型化のため!?

中国のサプライチェーン筋によると、アップル社はiPhoneのさらなる薄型化を実現するためにイヤホンジャックの廃止を検討しているということです。イヤホンジャックの直径は3.5mmとなっており、さらなる薄型化を図るためにはイヤホンジャック自体を廃止することが必要です。

そして今まで付属していた有線式イヤホンの代わりにBluetoothイヤホンが付属される上に、別売りの変換アダプターを購入すれば今まで通り有線でイヤホンを利用することも可能になるという話です。

有線式イヤホンの利用を可能にするのは、iPhoneユーザーがかなり増加し利用形態も多様化しているという事情から、イヤホンの利用形態に急な変更をもたらすのは得策ではないと考えているのでしょう。

Twitterの反応

イヤホンジャックだと端末の内部から音を出力するので音質が悪くなる傾向にある上に、ケーブルが服やかばんなどに触れて雑音が発生するので、この噂が朗報と感じているユーザーも多いでしょう。

ただ、Bluetoothイヤホンはまだまだ一般的に浸透していない面もあるので、使い方に慣れていないユーザーにとってはちょっと不安かもしれませんね。

イヤホンの接続がlightning接続になるという噂もあります。ただlightningケーブル接続だと充電の時と音楽を聴く時に一つのポートを共有することになるので、かえって不便になるような気がします。

lightningポートを2つつけるという方法もありますが、デザイン的に美しくないでしょう。

イヤホンジャックだと困るユーザーも一定数いそうですね。

あまり薄型化すると持ちづらくなるので、個人的にはこれ以上の薄型化はあまり求めていないんですけどね。

イヤホンジャックの廃止だけでなく、防水仕様やホームボタンの消失、ワイヤレス充電など様々な噂が飛び交っていますが、iPhone7がどういった進化をとげるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です