シェアして頂けると嬉しいです!

LINEアプリで既読にしないでメッセージを確認する方法

最近かなり普及してきたLINEですが、LINEには、今までのトークアプリやSNSと異なり、メッセージが読まれると送信者に既読と表示される「既読表示」という機能があります。この「既読表示」機能により、既読後にすぐに返信が来ない場合に送信者が不快な気持ちになったり、送信者に誤解を与えてしまったりするケースが生じています。

そこで、今回は、メッセージの内容をじっくり考えてから返信したいという場合に、相手に既読表示されないようにしたい方のために、既読にしないでLINEのメッセージを確認する方法を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

トークリストに表示されたメッセージを確認する

一番簡単な方法は、トーク画面を開いた状態でメッセージを確認するという方法があります。

これがトーク画面です。(一番下の吹き出しのマークをタップすると表示される画面です) ここに受信したメッセージのはじめの方が表示されます。

apps-line2

この方法は、短いメッセージが送られてきた場合には役立ちます。

しかし、あくまでトークが面に表示された範囲でしかメッセージを確認することができないので、送られてきたメッセージが長い場合は、メッセージを最後まで確認することができないというデメリットがあります。

そこで、メッセージを最後まで確認したい場合は、次の方法が役立ちます。

トーク画面を開いてメッセージを確認する方法

まず、LINEを起動している場合は、ホームボタンをダブルクリックしてマルチタスク画面を表示しLINEの画面を上にスワイプしてLINEアプリを完全に終了させておきます。

apps-line4

次に、「設定」で機内モードをONにします。 画面下部からコントロールセンターを引っ張りあげて飛行機のマークをタップして機内モードをオンにすることもできます。

apps-line3

続いて、LINEアプリを開きます。この時、「データにアクセスするには、機内モードをオフにするか、Wi-Fiを使用してください」というメッセージが表示されますが、これは機内モードをONにしたことによるものなので「OK」をタップします。

apps-line6

その後、LINEのメッセージを確認します。

LINEのメッセージを確認したら、先程と同じように、必ずマルチタスク画面でLINEを完全に終了させてください。LINEを完全に終了させていないと、後で機内モードをOFFにすると先程確認したメッセージに「既読表示」がついてしまうからです。

最後に、機内モードをOFFにします。

apps-line5

3D Touchを活用する

3D Touch対応端末(iPhone6s / 6s Plus)の場合は、トークリストでメッセージを確認したいトークを3D Touchすると、既読にせずにメッセージを確認することができます。

iPhone6s / 6s Plusをお持ちの方は、こちらを試してみてください。

以上、LINEは非常に便利なコミュニケーションツールですが、人間関係には色々な形があるので「既読表示」されてしまうと都合が悪い時もあるかと思います。

そんなときは、この裏技を使って上手く乗り切りましょう(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です