シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7にはiPhone独自のイヤホンジャックが搭載される可能性もあり!?

iphone_with_earphone2

今回も、最近何かと話題になっているiPhone7のイヤホンジャックについてです。

これまでiPhone7のイヤホンジャックに関しては「Bluetoothイヤホンになる」、「イヤホンがLightningケーブルでの接続となる」といった噂について書いてきましたが、もう一つの噂として「iPhone独自規格のイヤホンジャックが搭載される」というものがあります。

つまりイヤホンジャックとイヤホン端子の断面の形が変わるので、iPhone専用のイヤホンでなければ使えないということになります。これはかなり衝撃的な話ですね。

今回は「iPhone独自規格のイヤホンジャックが搭載される」という噂について書きたいと思います。

スポンサーリンク

アップルが独自規格「D型」の特許を申請

噂の発端となった出来事がこれ。

アップル社は現行のイヤホンジャックやイヤホン端子の形状を変更した「D型」という独自規格の特許を申請したことが、Appleinsiderによって報じられています。

Apple prepares for thinner iPhones with slim headphone plug patent

この独自規格の「D型」という名称は、イヤホンジャックとイヤホン端子の断面の形状がこのようなアルファベットの”D”のような形をしていることから来ているのでしょう。

iphone-earphone_jack_d-type
引用元:Apple prepares for thinner iPhones with slim headphone plug patent

このブログでは、アップル社がiPhone7からさらなる薄型化を図っていることを裏付ける情報について書いてきましたが、今回の特許申請もiPhone薄型化の一環として行われているという見方が濃厚となっています。

イヤホンジャックやイヤホン端子の形が凹んだ分だけ薄くできるというわけですね。

独自規格により、iPhoneの需要はどうなる!?

iPhoneの利用者も世界中でかなり増加し、iPhone6s / 6s Plusは今までで最も売れたiPhoneモデルとなりました。確かに全く知られていない端末ならともかく、これだけ世界中に浸透し親しまれているiPhoneであれば、iPhone独自規格のイヤホンジャックが搭載されたとしても一定の需要は見込めるかもしれません。

ただ一方で、使い慣れたイヤホンを使い続けたいというユーザーも一定数はいるでしょうから、そういったユーザーからの需要がなくなってしまう可能性もあるでしょう。一口にイヤホンといっても数万円以上するようなかなり高品質なものもありますからね。一旦そういったイヤホンを購入して使い慣れてしまった以上、ライフスタイルによっては手放すのが難しい場合もあるでしょう。

iPhone7のイヤホンジャックに関しては様々な予想が飛び交っていますが、実際はどうなるのか気になるところですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です