シェアして頂けると嬉しいです!

テザリングだけでP8liteのバッテリーがどれくらい持つか検証してみた

tethering-p8lite1

外出先でWiMAXなどのモバイルインターネット用の端末の充電が切れてしまった時は、モバイルSIMのテザリングを活用する方もいると思いますが、テザリングの仕様だけで端末のバッテリーがどれくらい持つのか気になっている方もいるでしょう。

ちょっと前はZenFone 2 Laserで試してみましたが

テザリングのみの使用でZenFone 2 Laserのバッテリーがどれくらい持つか検証してみた

今回はP8liteにDMM mobileのSIMを入れた状態でテザリングを行い、バッテリーの持続時間を調べてみました。

スポンサーリンク

テザリングの設定

テザリングの設定は「設定」→無線とネットワークの「その他」→「テザリングとポータブルアクセス」→「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」→「Wi-Fiアクセスポイントを設定」をタップしてネットワークSSIDとパスワードを設定します。

ネットワークSSIDとパスワードを設定したら、「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」の画面で設定したネットワークをONにします。

tethering-p8lite5 tethering-p8lite6

ONにすると、画面上に「テザリングまたはアクセスポイントが有効です」というポップアップが出てきます。

tethering-p8lite7

後はPCのWi-Fi設定のところで、設定したネットワークSSIDを探してパスワードを入力すれば完了です。

テザリング時の通信速度

平日の午前中の都内でこんな感じ。

tethering-p8lite2

MVNOにしては結構良い結果です。画像の読み込みが少々遅い感じがするものの、インターネットやメール送信、LINE、Twitter上のツイートの読み込みはもちろん、動画視聴もできるレベルです。

DMMmobileの場合は、データ通信利用料がMVNO業界でもかなり安く、端末にSIMを入れて格安のWi-Fiルーターとして活用することもできるので、データ通信利用量が多くなりがちのユーザーにオススメです。

DMM mobile データSIMプラン 5GB

詳しい活用法についてはこちらで解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

1GB税込237円!DMMmobileを格安Wi-Fiルーターとして運用する方法

バッテリー持続時間は9時間以上!

テザリングはバッテリーを満タンに充電した状態でスタートし、テザリング時はスクリーンを消灯した状態で行いました。

その結果、なんと9時間以上も持ちました。7時前にテザリングを開始し16時前にはバッテリーが切れました。

tethering-p8lite3 tethering-p8lite4

ZenFone 2 Laserの12時間弱という結果に比べたら3時間ほど短いですが、いざという時には十分役立ってくれる長さだと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です