シェアして頂けると嬉しいです!

iOS9.3ではWi-Fiアシスト機能によるモバイルデータ通信の利用量を確認できるよう改善

ios9.3-wi-fi_assist1

スポンサーリンク

Wi-Fiアシスト機能って何?

Wi-Fiアシスト機能とは、Wi-Fiでの通信環境が不安定になった時に自動的にモバイルデータ通信に切り替えてくれる、iOS9から搭載された新機能です。

Wi-Fiアシスト機能のON/OFFは、設定で切り替えることができます。

ios9.3-wi-fi_assist3 ios9.3-wi-fi_assist4

Wi-Fiアシスト機能はインターネットの利用環境を安定させるという意味では便利な機能ですが、自動的に切り替わるがゆえに気が付かないうちにモバイルデータ通信利用量が膨れ上がり、通信会社から多額の利用料金が請求がされるというケースが生じていました。

こういったケースの発生により、多くのユーザーから改善を希望する声が上がっていたようです。

iOS9.3のベータ版ではWi-Fiアシスト機能が改善

そこで、開発者向けにリリースされたiOS9.3ベータ版では、Wi-Fiアシスト機能によるモバイルデータ通信利用量が表示されるようになり、これによりユーザーはモバイルデータ通信利用量に応じてWi-Fiアシスト機能をOFFにする、Wi-Fiによる通信に手動で切り替えるといった対応をすることができるようになりました。

この画像はMacRumorsによって公開されたWi-Fi Assist機能の切替画面ですが、”Wi-Fi Assist” の下にWi-Fiアシスト機能によるデータ利用量が “2.9MB” と表示されていることが確認できます。

ios9.3-wi-fi_assist2
引用元:iOS 9.3 Displays Exact Wi-Fi Assist Data Usage Numbers

これで気が付かないうちにモバイルデータ通信の利用量が膨れ上がってしまうことは避けられそうですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です