シェアして頂けると嬉しいです!

Windows7/8.1ユーザーは注意!Windows10が「推奨される更新」に追加される

マイクロソフト社は、Windows7/8.1でWindows10を「推奨される更新」に加えました。これについては昨年10月から予告がされていましたが、とうとうという感じですね。

今回は、Windows10への自動更新を防ぐ方法について書きたいと思います。

スポンサーリンク

「推奨される更新」に追加されるとどうなる?

Windows Updateには「この更新プログラムをインストールすると、Windowsの問題が解決されます」といったメッセージが出てきますが、自動更新の設定をしている場合には自動的にWindows10にアップグレードされてしまいます。

Windows7については2020年1月14日、Windows8.1については2023年1月10日にOSの延長サポートが終了する予定となっており、いずれはWindows10に一本化されることになるでしょう。

Microsoft – Windows ライフサイクルのファクト シート

それに備えてWindows10に慣れておくことも必要ですが、しばらくは使い慣れたWindows7やWindows8.1のままにしておきたいというユーザーもいるでしょう。

今回の追加はそういったユーザーに大きく関係してくるでしょう。

そこで自動更新の際にはOSをアップグレードするかどうかの意思確認が行われるようになっており、仮に意図せずに自動更新がされてしまった場合でも1ヶ月以内であれば元に戻すことができるようになっています。

自動更新を防ぐ方法

いくら元に戻すことができるといっても、アプリが消えてしまったり、失敗すると起動が不能になるといったケースもあるので、可能な限り自動更新がされるのは避けたいところです。

そこで、以下いずれかの設定をしておくとWindows10に自動更新されることはなくなるようです。

これを参考に私のWindowsパソコンを操作してみましたが、おそらく以下いずれかに設定しておけばOKだと思われます。

  • 「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」に設定する
  • 自動更新を有効にしたまま「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」のチェックを外す

windows7_8.1-windows10_has_been_added_in_recommended_updates2

なお設定は、「コントロールパネル」→「Windows Update」→「設定の変更」をクリックして行うことができます。

windows7_8.1-windows10_has_been_added_in_recommended_updates1

当面の間Windows7/8.1を利用したい方は、この設定しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です