シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7ではカメラの出っ張りがなくなり、Dラインもなくなる可能性があると話題に

iphone7_will_not_have_protrudes_and_d-line
Copyright : MacRumors

MacRumorsは、信頼性のあるソースによると、次期iPhoneとして発売予定の “iPhone 7” では2つの重要な除外を除いて、全体的にはこれまでのiPhone 6やiPhone 6sと似たような外観になる可能性があると報じています。

First Details on iPhone 7 Design: Flush Rear Camera, No Antenna Bands Across the Back

According to a source who has provided reliable information in the past, the iPhone 7 body will appear very similar to the design used for the iPhone 6 and 6s, with two significant exceptions.

2つの重要な除外とは、カメラの出っ張りがなくなることとDラインの消失です。

スポンサーリンク

カメラの出っ張りがなくなる!?

iPhone 7ではカメラモジュールの薄型化によりカメラの出っ張りがなくなる可能性があるとしています。

The first involves the rear camera, which protrudes slightly on the iPhone 6 and 6s. On the iPhone 7, the camera is said to sit flush with the rear casing, enabled by a thinner camera module.

iPhone 6 / 6 Plusからは端末の薄型化がされカメラの出っ張りが目立つようになり、多くのユーザーからは改善を要望する声が上がっていました。

これまでのイヤホンジャック廃止説の話などからアップル社の薄型化へのこだわりが感じられました方も多いと思いますが、実際のところ多くのユーザーはそれほど薄型化を求めていないと考えられるので、今回の情報は多くのユーザーにとって朗報になるでしょう。

また、最近アップル社はカメラを薄型化するための新特許を取得しており、その技術がiPhone 7に搭載される可能性も僅かながらあり得ることから、この情報も若干の信ぴょう性はありそうです。

アップル社、カメラの出っ張りをなくす新特許を取得!

Dラインもなくなる!?

2つ目の重要な除外がDラインの消失です。

これによりiPhoneの背面がスッキリと仕上がることになります。もっとも画像の通り、上部と下部については従来通りDラインが残されるとされています。

The other significant change with the body of the iPhone 7 is the removal of antenna bands across the rear, allowing for a cleaner all-metal look on the back. Antenna bands at the sides and around the top and bottom edges are said to remain, however.

DラインもiPhone 6 / 6 Plusから追加されたものですが、デザイン的に少々残念な感じは否めず、実際にDラインが気に入っていないユーザーも一定数いるようです。

今年発売予定のiPhone 7のデザインがどういった進化を遂げるのかについては見どころですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です