シェアして頂けると嬉しいです!

楽天、低評価をつけたユーザーを対象に電話をかけて苦情の内容を聴くサービスの開始を発表

rakuten-new_service

スポンサーリンク

楽天がユーザーの生の声を聴くサービスを開始

楽天が低評価をつけたユーザーを対象にカスタマーサービスから電話をかけて、具体的な苦情の内容を聞き取るサービスを開始することを発表し、話題となっています。

ユーザーへの電話は書き込みをしてから2分以内に行われ、苦情の聴き取りや苦情への対応が行われるということです。そしてユーザーにはお詫びに楽天スーパーポイント500〜2,000ポイントがプレゼントされるということです。

楽天株式会社社長の三木谷浩史氏は、1月26日に開催された「楽天新春カンファレンス2016」で2016年の楽天市場のテーマに「クオリティ」を掲げた上で

クオリティーを上げることに対して、病的なまでのこだわりが必要。『一人くらいいいじゃないか』ということではなく、一人でも不満を持つ客がいれば対応するべきだ

引用元:通販新聞 – 楽天 三木谷社長が講演、「品質向上にこだわる」

と品質向上への強いこだわりを見せています。

2分以内だと少々早そうな感じがしますが、多くのユーザーは時間が経つにつれて苦情を言いたくなる気持ちも薄れてくるでしょうし、ややこしい内容だと細かい点を忘れてしまうこともあるので、可能な限り早くユーザーの声を聴くという意味では良いと思います。

またこのサービスにより悪意ある低評価を防止することもできるでしょう。

しかし電話が来ることを恐れて、正直な気持ちをレビューに書きづらくなるユーザーも出てきそうな感じも否めません。一見手厚いサービスのようにも思えますが、本当に困っているユーザーに役立つサービスなのかどうかは少々疑問の残るところです。

Twitterの反応

Twitterではどちらかというと反対の声が多いようです。

苦情を直接電話で伝えたいというユーザーも多いでしょうから、希望者だけに限るのであれば十分ありなサービスだと思います。

似たようなサービスにこういったものがありますが対応の内容が限られているので、今回のサービスでより幅広い対応が可能となるようです。

楽天 – ヘルプ・問い合わせ 楽天市場に電話で問い合わせをしたい

ポイント目当てで低評価をつけるユーザーが出てきそうだという声もあります。

低評価しづらくなるユーザーは一定数出てくるでしょうね。

もっとも実際に開始されないとわからない部分もあるでしょうから、このサービスにより苦情への対応が活性化し、結果的に楽天が良くなる可能性もあるでしょう。

良い効果があることを期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です