シェアして頂けると嬉しいです!

Skylake搭載端末については、Windows7/8.1のサポートが2017年7月17に終了

windows7:8.1-support_policy_updates

スポンサーリンク

MS社、Windowsのサポートポリシーを改定

米マイクロソフト社は、自社が運営する “Windows Experience Blog” において1月15日の記事でWindowsのサポートポリシーを改定する旨の意思を表明し、話題となっています。

Windows Experience Blog – Windows 10 Embracing Silicon Innovation

具体的には、インテル社製の最新CPUである “Skylake” を搭載したパソコンやタブレットに関してはWindows 7/8.1のサポートを2017年7月17日に終了させ、それ以降もサポートを受けたい場合はこれから2017年7月17日までの18ヶ月間でWindows 10にアップグレードする必要がある、ということです。

Through July 17, 2017, Skylake devices on the supported list will also be supported with Windows 7 and 8.1. During the 18-month support period, these systems should be upgraded to Windows 10 to continue receiving support after the period ends.

もっとも延長サポートに関しては、Windows 7については2020年1月14日、Windows8.1については2023年1月10日まで受けることができるようです。

旧モデルのPCを使い続ければ良いとも思えるが・・・

とすると、今持っているノートパソコン(自作デスクトップPCの場合はCPU)やタブレットを使い続けるか、中古市場で旧モデルのPCを購入すれば、Windows 10へのアップグレードを回避することができそうな気がします。

しかしノートパソコンの場合は、それはちょっと難しそうです。

通常ノートパソコンの場合は早くて1年、遅くとも2〜3年で買い換えるでしょうから、5年以上となると何らかの不調が出てきてもおかしくなく、そのような状況で使い続けるのは少々リスキーでしょう。またパソコン市場の動きは早く、現時点でも最新のSkylakeが搭載されたパソコンが次々と出てきている状況から、新品の旧モデルを調達することも次第に難しくなっていくでしょう。

中古市場で旧モデルを調達するといっても、Windows 10へのアップグレードを控えるユーザーが多い今、人気モデルには入札が殺到し価格が高騰することが予想されます。

一方自作デスクトップPCの場合であれば、CPUだけ古いモデルを使い続ければ良いわけですから、5年程度であれば十分対応可能でしょう。

実際にネット上でも困惑しているユーザーが多いようです。

サポートの関係上、これを機会にWindows 10へアップグレードした方が良いとは思いますが、どうしてもWindows 7/8.1を使い続けたい方は、デスクトップPCを使い続けるのもありだと思います。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です