シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookアプリを削除するとバッテリーの持ちが15%改善されたという検証結果が話題に

the guardianのテクニカルライターであるSamuel Gibbs氏が、Facebookへアクセスする際にFacebookアプリの代わりにSafariを利用しバッテリーの持ちがどれだけ改善されるかという検証を行った結果、なんとバッテリー持ちが15%も改善されたということです。

9TO5Macが報じています。

PSA: Switching from the Facebook app to Safari can boost iPhone battery life by up to 15%

Guardian tech writer Samuel Gibbs has found that deleting the Facebook app and using Safari instead can boost battery life by up to 15%.

facebook_shortcut_apps-battery_life1
Copyright : 9TO5Mac

スポンサーリンク

バッテリー寿命が15%も改善!?

Gibbs氏は、Facebookアプリをダウンロードした状態でiPhoneを1週間利用した場合と、Facebookアプリを削除した状態で(Facebookを使う際はSafariからアクセス)iPhoneを1週間利用した場合、それぞれの平均バッテリー寿命を比較しています。

その結果、Facebookアプリを削除した場合はFacebookアプリを入れた場合に比べて15%もバッテリー寿命が改善されたことがわかったということです。

さらにGibbs氏はこの検証に参加する人々を募り同様の検証を行ったところ、同様の結果が得られたということです。

Gibbs spent a week comparing battery usage when using the app against a week using Facebook’s mobile site in Safari, finding that he averaged 15% more remaining battery life at the end of each day. He recruited a bunch of others to repeat the experiment, with similar results reported.

Facebookアプリをダウンロードしているというユーザーの中で、普段iPhoneを利用していて1日も経たないうちにバッテリーが切れてしまうという方は、Facebookを利用する際はSafariのショートカットアプリからFacebookにアクセスするという利用方法に切り替えてみるとバッテリーの持ちが改善されるかもしれません。

ホーム画面にショートカットアプリを作成する方法

まずFacebookのページ(facebook.com)にアクセスして、「instagram-how_to_share_your_images_and_movies_smoothly8」→「ホーム画面に追加」をタップします。

facebook_shortcut_apps-battery_life2 facebook_shortcut_apps-battery_life3

そしてアイコン名を指定して「追加」をタップすればOKです。

facebook_shortcut_apps-battery_life4

左のアイコンがFacebookアプリで右のアイコンがFacebookへのショートカットアプリですが、アプリを開いてみない限り、どっちがどっちか判別することはできません。

facebook_shortcut_apps-battery_life5

また実際にショートカットアプリでFacebookにアクセスしてみたところ、若干ページのレイアウトや操作方法が異なっていたり3D Touchが使えないという点で、Facebookアプリと全く同じ環境で利用できるというわけではないようです。

ただポストの投稿や写真のアップロードといった基本的な操作であれば問題なく行うことができるので、バッテリー消費量でお悩みの方は活用してみてください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です