シェアして頂けると嬉しいです!

SafariでTwitterの短縮URLが開けないという不具合がOS X10.11.4 ベータ3版で修正

先日リリースされたOS X10.11.4 ベータ3版において、SafariでTwitterの短縮URLにアクセスできないという不具合も修正されていることがわかりました。

もっとも現段階ではダウンロードしないユーザーも多いでしょうから、今回は一時的な対処法についても書きたいと思います。

apple_fixed_the_bug_preventing_from_accessing_to_twitter_in_third_osx_10.11.4
Copyright : MacRumors

スポンサーリンク

Twitterの短縮URLが開けない不具合も修正

日本時間の2月9日にOS X10.11.4 ベータ3版がアップル社によってリリースされていますが

Apple Seeds Third OS X 10.11.4 El Capitan Beta to Developers

開発者のDieter Komendera氏によると、OS X10.11.4 ベータ3版では、昨年から生じて話題となっていたSafariでTwitterの短縮URLが開けなくなるという不具合も修正されていることが判明しました。

これについてMacRumorsが報じています。

Apple Fixes Broken Twitter Links in Safari in Third Beta of OS X 10.11.4

Apple has fixed an issue that prevented shortened “t.co” links on Twitter from loading in Safari on the third beta version of OS X 10.11.4, seeded to developers for testing on Monday, according to developer Dieter Komendera.

問題となっている不具合は次回のアップデートで修正されるといわれていました。

一時的な対処法は・・・?

OS X10.11.4 ベータ3版はApple Developer CenterやMac App Storeでダウンロードすることができますが、ちょっと面倒だという方も多いでしょう。

そこでブラウザを変更すると状況が改善するようなので、特に支障がなければブラウザを変更してみると良いでしょう。

Chromeの他にも、Firefoxでも開くことができるという声もありました。

既にアドオンを入れていてブラウザを変更することが難しいという方は、Twitterを利用する時だけ別のブラウザを利用するというのもありだと思います。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です