シェアして頂けると嬉しいです!

LINE、食べ物の写真に特化した画像加工アプリ “Foodie” をリリース!

スポンサーリンク

LINEが食べ物に特化した新サービスを開始

LINEが食べ物の写真に特化した画像加工&共有アプリ “Foodie” をリリースしました。

Foodieは、画像を加工することができるだけでなく加工した写真をシェアすることができるので、Instagramに近いといえるサービスといえます。

もっとも、Foodieでは食べ物の写真に特化されているという点がInstagramと大きく異なります。

line-foodie1
Foodie – 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ

Android版Foodieも用意されています。

画像加工のバリエーションとして「デリシャス」「ジューシー」などの食べ物に対する感想を想定したパターンだけでなく、サラダやフルーツ、お肉など特定のジャンルの食べ物での利用を想定したと思われるパターンも豊富に用意されています。

具体的には「シャキシャキ」「フレッシュ」「プリプリ」「フルーティ」「ホクホク」「こんがり」「ジューシー」といったパターンがあります。例えば、サラダの写真を「シャキシャキ」に加工するとサラダがより美味しそうに表現することが可能となると思われます。

さらに真上からの撮影をサポートするベストアングル機能も用意されており、端末が水平になるとこのように色で知らせてくれるようになっています。

line-foodie11

Foodieで写真を加工してみた

Foodieを起動するとすぐにカメラが起動するので、これから撮影する写真を加工することはもちろん、既に撮影済みの写真を加工することもできます。

既に撮影した写真を加工するためには、左下の「ナイフとフォークのマークのボタン」をタップして加工したい画像を選択した後、真ん中の「加工ボタン」をタップして加工のパターンを選択すればOKです。

line-foodie2 line-foodie3

実際に加工してみたところかなり美味しそうな写真に仕上がりました。

エスニックというパターンだと色が濃い目に仕上がりますが、全体的には温かい印象に仕上がるようになっています。

line-foodie4 line-foodie5

アイスやドリンクの写真も加工してみましたが、スイートはふんわりとした可愛らしい印象に、ティータイムは色彩豊かに仕上がっています。

line-foodie6 line-foodie7

加工した写真はFacebookやInstagram、Twitter、LINEなどで共有することができます。

line-foodie8 line-foodie9

さすが食べ物に特化しているというだけあり、かなりのバリエーションが用意されています。SNSでアップする食べ物の写真をより美味しく見せたい時などに活用してみてください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です