シェアして頂けると嬉しいです!

【MVNO】土曜日の山手線沿線でIIJmio・DMM・UQ・SB4社の実測通信速度を計測してみた!

格安SIMはMVNOが携帯キャリア(NTTドコモとau)から回線を借りて提供される通信サービスなので、一概に携帯キャリアよりも通信速度が遅いとは言い切れませんが、時間帯や場所によっては、格安SIMの通信速度はかなり変わってくるのも事実です。

そこで、今回は、休日の夕方の都内の通信速度が気になって調べてみました。 測定する際は、比較のためにSoftBankのLTEの速さも一緒に計測してみました。

都内の中でも、比較的休日に人が集まる傾向にある原宿・渋谷・品川・有楽町・秋葉原・上野・池袋・新宿で測定しました。

測定日時は2016年2月21日の16半〜18時頃です。特に駅周辺が混む時間帯です。

残念ながら天気は雨でしたが、人の多さはいつもとそんなに変わらないと感じたので、今回の測定結果は一つの目安として役立つと思います。

スポンサーリンク

下り速度(ダウンロード)の結果

  IIJ DMM UQ SB
原宿 8.73 6.83 36.84 3.04
渋谷 6.75 9.16 74.36 22.00
品川 4.73  8.22 11.36 15.45
有楽町 5.31 3.16 51.36 10.40
秋葉原 2.19  6.57 9.44 3.97
上野 13.34 17.06 15.28 3.56
池袋 4.76  5.50 1.95 11.50
新宿 3.28 4.44 5.52  5.13

単位:Mbps

まずは各社の通信速度を単独で見てみると、MVNOでは全体的にUQmobileが飛び抜けている感があり、原宿・有楽町ではトップの数値です。地域によってはIIJmioも品川・秋葉原・池袋でかなり検討しております。

pic-doyou-download-subete

ソフトバンクとMVNOの平均で比較すると、MVNOはソフトバンクとほとんど変わらない通信速度が出ています。ソフトバンクは渋谷で速度が早く、秋葉原ではかなり遅くなっております。

pic-doyou-download-heikin 

下り速度の測定結果の違いは、SIMカードや地域によって大きく差が出ました。渋谷でのUQmobileの速度が飛び抜けていますね。

今回は全体的に不安定な感じですが、IIJmioやDMMmobileは飛び抜けて速い通信速度は出ていないものの、比較的安定的な速度を維持できている点に注目です。これくらいの速度であれば、インターネットやメール送信、LINEなどには十分対応できるでしょう。外出先で動画視聴やゲームをする予定がないのであればDMMmobileも十分ありでしょう。

UQ mobileに関してはよく「本家であるauより速い」と聞くのですが、評判通り、原宿・渋谷・有楽町・秋葉原・上野・新宿ではSoftBankと同じくらい、もしくはそれ以上に速い測定結果となっています。

通信速度を最優先にするのであれば、キャリアSIMにするかMVNOでもUQmobileがいいでしょう。「通信料金を抑えたいけど、遅いのは嫌だ」というユーザーは、UQ mobileのSIMが合っていると思います。

以前にauでiPhoneを契約しその契約が終了した方は、そのiPhoneにUQ mobileのSIMを挿入して使用するのもありだと思います。先日UQmobileによってiOS9用のプロファイルも公開されています。

UQmobileがiOS9用のAPN構成プロファイルを公開 iOS9にアップデートしてしまったauのiPhone5/5sを活用可能に

地域別で見ると、新宿と秋葉原が全体的に遅くなっており10Mbps以上を記録したSIMはありませんでした。

上り速度(アップロード)の結果

  IIJ DMM UQ SB
原宿 6.24 5.91 16.43 8.72
渋谷 7.22 4.54 9.53 21.25
品川 17.28 10.95 11.64  8.65
有楽町 5.55 3.81 12.25 8.73
秋葉原 12.50 3.90 3.07  1.67
上野 9.81 13.49 9.61 10.12
池袋 15.00 2.65 6.25 10.54
新宿 2.47 4.53 10.87 11.21

単位:Mbps

全体で見てみると、IIJmioが結構速度が出ました。

pic-doyou-upload-subete

ソフトバンクとMVNO平均で比較すると、ソフトバンクはダウンロードと同様に渋谷で速く、秋葉原で遅いという結果に。

pic-doyou-upload-heikin 

どのSIMも場所によって不安定ですが、ソフトバンクの秋葉原での速度を除けば全体的にはまずまずという感じではないでしょうか。

といっても上り速度は下り速度程は重要ではないので、遅くなければ御の字という感じで十分でしょう。

Pingの結果

  IIJ DMM UQ SB
原宿 77 67 39 42
渋谷 62 69 35 40
品川 77 79 37 36
有楽町 59 59 24 8
秋葉原 57 59 38 70
上野 63 59 37 40
池袋 75 70 25 51
新宿 71  70 38 48

単位:ms(ミリ秒)

PINGに関しては、UQmobileとソフトバンクで早く、IIJとDMMが遅いですね。

pic-doyou-ping-subete

MVNO平均とソフトバンクで比較すると、ソフトバンクのほうが全体的に早く、ソフトバンク本社のある新橋のお隣の有楽町駅では抜群に早く、秋葉原では最も遅いという結果になりました。ソフトバンクは秋葉原に弱いようですね。

pic-doyou-ping-heikin 

とはいっても、どのSIMも問題ない速さを記録しているとはいえますね。

最後に

実際に都内で速度計測をしてみて、UQ mobileの測定結果が思った以上に速いことに驚きました。この時間帯と場所でこの速さを維持できているという点で、ちょっと格安SIMとは思えませんよね。

UQ mobile データ高速プラン(月額980円)

以上、格安SIMの契約を検討している方、もしくはどの格安SIMにしようか迷っている方は、一つの参考にしていただけると嬉しいです(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です