シェアして頂けると嬉しいです!

【ベッキー・ゲス川谷流出問題】LINEの盗み見防止まとめ

タレントのベッキーとゲスの極み乙女の川谷絵音の不倫が世間を騒がせていますが、その発端となったのが当事者の会話が記録されたLINEのスクリーンショットでした。

そのLINE画像がきっかけとなり、当事者の身近な人がその画像を習得できたとしても、それをどうやって取得したのか、本人は気が付かなかったのか、などといった疑問の声が上がりました。

line-privacy_management19

LINEでの会話を本人が気が付かないうちに確認できるとなると、これはプライバシーの問題にも大きく関わってきます。

LINEの基本的なセキュリティ設定については以前書きましたが

LINEを安全に利用するための基本設定4選

今回は自分以外の人にLINEの内容を勝手に見られることを防ぐ方法について書きたいと思います。といってもLINEの仕様変更により、複数のスマホから同一アカウントにアクセスすることができなくなっているので、対処法は限られています。

【仕様変更】iPhoneおよびiTunesの仕様を用いた、複数スマートフォン端末からの同時アクセスについて

スポンサーリンク

他の端末からのログインを不許可にする

LINEにログインするにはパスワードの入力が必要となっているので、セキュリティの強いパスワード設定していれば、自分以外の人に勝手にログインされるということはほとんどないと思いますが、身近な人には何らかの原因で知られてしまうこともあるでしょう。

もっともPCからからLINEのアカウントにログインされると、スマホのLINEアプリの方に通知が届くようになっているので、見に覚えのないログインはここですぐに確認することができます。

line-privacy_management8

そして、見に覚えのないログインの履歴があった場合は、どの端末でログインしているかを確認することができます。

確認する方法は、「・・・」のマークのボタン→「設定」→「アカウント」→「ログイン中の端末」をタップして確認することができます。

「…-no-Macbook-Pro」と表示されていますが、これは管理人のMacbook Proです。

line-privacy_management9 line-privacy_management10

もしここで自分のPC以外の端末からログインされていることがわかった場合は、直ちにログインを不許可にし、他人のログインをブロックすることができます。

他人のログインをブロックするためには、「アカウント」の「ログイン許可」をOFFにすればOKです。

line-privacy_management11

試しに管理人のMacbook Proのログインを不許可にしたら、このようにMacbook Proの方のLINEが強制的にログアウトされました。

line-privacy_management12

もっとも一旦不許可にしても本人がパスワードを変更していないかぎり、同じパスワードを入力すれば再びログインできてしまうので、一度見に覚えのない端末からのログインがあった場合は、直ちにパスワードを変更することをオススメします。

LINEの通知をOFFにする

LINEの通知をONにしておくと、急ぎのメッセージを確認したい時や素早く返信したい時などは何かと便利ですが、プライバシー的にはちょっと問題があります。

というのもLINEの通知をONにしていると、iPhoneやスマホの画面をロックした状態でもLINEの新着メッセージの内容が表示されてしまうので、ロックを解除できない人でもLINEのメッセージを確認できてしまいます。

そこで利便性よりもLINEのプライバシーを重視する場合は、LINEの通知をOFFにしておくことをオススメします。

LINEの通知をOFFにするためには、まず「・・・」のマークのボタン→「設定」→「通知」をタップします。

line-how_to_receive_messages_in_real_time21 line-how_to_receive_messages_in_real_time6

次に「通知」をOFFにすれば完了です。

line-privacy_management13

ちなみにAndroid版では「・・・」のマークのボタン→「設定」→「通知設定」をタップして「通知設定」のチェックを外せばOKです。

line-privacy_management16 line-privacy_management17

またはトーク画面のメニューで通知のON/OFFを切り替えることも可能です。

line-privacy_management18

パスコードやパスワードを定期的に変更する

iPhoneのロック画面に設定したパスコードやパスワードをセキュリティの高いものに設定しておけば、基本的に他人に知られてしまうことは殆ど無いと思いますが、こちらも身近な人であれば何らかのきっかけで知られてしまう可能性もなくはないでしょう。

そこでiPhoneやスマホのロック画面に設定したパスコードやパスワードを定期的に変更することをオススメします。

もちろん複雑なものに設定するという方法もありますが、かえってロックの解除に時間がかかって不便なので、パスコードやパスワードを定期的に変更するという方法が最も有効でしょう。

パスコードやパスワードの変更は「設定」→「Touch IDとパスコード」→「パスコードを変更」または「パスワードを変更」で行うことができます。

line-privacy_management14 line-privacy_management15

指紋認証は最強

ロック画面の解除に指紋認証(Touch ID)を設定しておけば、本人が意識を失っていないかぎり、iPhoneのロックは本人しか解除することができないので、セキュリティは最も高いといえるでしょう。

ただ、指紋認証を設定する際には指紋認証で解除できない時のためにパスコードを設定することが必須となっているので、結局パスコードを知られてしまえばアウトということになります。まぁ、普段から指紋認証で解除するようにしておけばパスコードを盗み見られる心配もないので、解除の時さえ注意しておけば大丈夫でしょう。

一方、Android携帯の場合は指紋認証が搭載されていないものもあるので、指紋認証が搭載されていない場合はパスコードやパスワードを活用するしかないようです。

以上、これらの対処法を活用してプライバシー対策を万全にしておきましょう(`・ω・′  )

関連記事として、こちらも合わせてチェックしてみてください。

SiriによってiPhone内の情報が漏れるのを防止する方法

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です