シェアして頂けると嬉しいです!

DMM mobile の格安SIMを比較してみた

DMM mobile は、株式会社DMM.comが提供しているNTTドコモのMVNOサービスです。

DMM mobile はドコモの回線を借りて通信サービスを提供しているので、回線の質は良質な上にMVNOの中でもかなり安い利用料金を実現しています。

また、提供するサービスのラインナップが豊富なので、よりユーザのライフスタイルに合ったプランを見つけることができます。

さらに、通信速度も業界一の速さを誇るIIJmioと同程度の速さです。

dmm-mobile1
引用元:DMM mobile のホームページ

今回はDMMmobileが提供しているSIMカードについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

DMMmobileが提供しているSIMカードの種類

DMM mobile は、シングルコース・シェアコース合わせて、実に36種類ものSIMカードを提供しています。

シングルコース

データSIMプラン

データSIMプランの場合は、端末の用途はデータ通信(インターネットなど)の利用に限られます。

別に通話用のガラバコス携帯(ガラケー)を持っておいて、インターネット用にデータSIMを入れたスマートフォンを使用することができますが、2台持ちになってかさばるのが気になる方は、050プラスやSkypeの通話機能を利用して、一つの端末に通話機能とインターネット機能を集約することができます。

シングルコースのユーザーには「ライト」というサービスが提供されており、440円/月からスマートフォン(インターネット専用)を持つことが可能になっています。

なんと、ワンコイン以下でスマートフォンが持つことができます!

dmm-mobile2

さらに、DMM mobile の格安SIMには、その名の通り利用料金が安いという特徴があり、同程度の最大通信速度を誇るIIJmio よりも若干安くなっています。

また、ライトユーザー向けに3段階の利用可能通信量(ライト・1GB・2GB)が設けられる一方、10GB以上のヘビーユーザー向けにも3段階(10GB・15GB・20GB)のプランが用意されており、様々な属性のユーザーに対応している点も魅力の一つです。

通信量 最大通信速度 利用料金(月額)
ライト 200Kbps 440円
1GB 【下り】 225Mbps【上り】 50Mbps 590円
2GB 770円
3GB 850円
5GB 1,210円
7GB 1,860円
8GB 2,140円
10GB 2,190円
15GB 4,570円
20GB 6,090円

「下り」はダウンロード時の速度のことで、「上り」はアップロード時の速度のことです。 初期費用はいずれも3,000円かかります。

データSIMプランの最低利用期間は利用開始日を含む月の末日までとなっており、解約は月末日の前日まで行うことができます。

通話SIMプラン

通話SIMの場合は、データ通信に加え通話機能も付いているので、端末でインターネットや通話をすることができます。

しかし通話料金が20円/30秒と高額なので、家族や取引先と1ヶ月の間に1時間でも長電話をする可能性のあるユーザーにとっては、かえって利用料が高くなってしまうおそれがあるので不向きです。

なお、通話SIMプランには標準でSMSプランがついているのでLINEを利用することができます。(LINEの本人確認のためにSMS機能が必須だからです)

通信量 最大通信速度 利用料金(月額)
ライト 200Kbps 1,140円
1GB 【下り】 225Mbps【上り】 50Mbps 1,260円
2GB 1,470円
3GB 1,500円
5GB 1,970円
7GB 2,560円
8GB 2,840円
10GB 2,950円
15GB 5,270円
20GB 6,790円

初期費用はいずれも3,000円かかります。

また、通話SIMプランの場合は12ヶ月間の最低利用期間があり、この最低利用期間内にサービスの解約やMNP転出をすると9,000円の違約金がかかるので、契約の際は十分に注意しましょう(`・ω・′  )

なお、解約の申込み期限は、月末日の前日までです。

MNP(Mobile Number Portability)とは、ある会社の通信サービスを解約した後に従来の電話番号を使用したまま他社の通信サービスを利用することです。解約と同じようなものなので、MNP転出の場合も違約金がかかってくるというわけです。

シェアコース

シェアコースは、利用可能通信量の枠内で複数のユーザーが通信量をシェアして使うためのサービスです。通常は、家族で契約することが想定されています。

シェアコースを家族で利用すると、SIMカード3枚までであればデータ専用SIMと通話SIMを組み合わせて利用することもできます。

データSIMカードを追加しても利用料金が変わらないので、後でさらにインターネット専用のスマートフォンが必要になっても安心です。

ただし、通話料金が20円/30秒と高額なのでよく通話を利用するユーザーには不向きです。

プラン 通信量 最大通信速度 利用料金(月額)
データSIMのみ3枚 8GB

【下り】 225Mbps

【上り】 50Mbps

2,140円
10GB 2,190円
15GB 4,570円
20GB 6,090円
データSIM2枚 + 通話SIM1枚 8GB 2,840円
10GB 2,950円
15GB 5,270円
20GB 6,790円
データSIM1枚 + 通話SIM2枚 8GB 3,540円
10GB 3,650円
15GB 5,970円
20GB 7,490円
通話SIMのみ3枚 8GB 4,240円
10GB 4,350円
15GB 6,670円
20GB 8,190円

初期費用はいずれも3,000円かかります。

SMSオプションをつけるとLINEが利用できる

スマートフォンやiPhoneでLINEを利用する場合は、SMSオプションが必須です。(LINEの本人確認のためにSMS機能が必須だからです)

オプションの料金も150円/月と比較的低価格で、これだけでLINEが利用できるのはかなりお得です。

ただし、SMSでメッセージを国内へ送信する場合は3〜30円/回海外へ送信する場合は5〜500円/回(非課税)の利用料金がかかるので、利用の際には十分に注意しましょう。

ちなみに、受信は無料です。

最後に

以上、DMM mobile の格安SIMについて解説してきましたが、DMM mobile の格安SIMは、利用料金が安く、サービスのラインナップが豊富であるという特長があります。

通信速度も IIJmio とほぼ同じくらい快適なのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です