シェアして頂けると嬉しいです!

iOS9.3ベータ5版で低電力モードだとNight Shiftが使えないと判明

数日前にiOS9.3のベータ5版が開発者向けにリリースされましたが、それによるとiPhoneやiPadが低電力モードの状態だとNight Shiftが利用できないことが判明しました。

ios9.3-night_shift_enabled_device1
(C) : MacRumors

スポンサーリンク

低電力モードでは、Night Shiftは利用不可!?

Night Shiftとは、快適な睡眠を妨げ生活リズムを乱すなど、人体への悪影響があると話題になっているブルーライトをカットし、iPhoneやiPadの画面の色をより暖かい色にしてくれる機能のことです。

アップル社、iOS 9.3のアップデート情報を公開

MacRumorsの報道によると、先日開発者に配布されたiOS9.3のベータ5では、iPhoneやiPadを低電力モードにした状態だとNight Shiftが利用できないということです。

Night Shift Beta Tidbits: Disabled in Low Power Mode, Control Center Changes

これはMacRumorsによって公開された画像ですが、「設定」→「画面表示と明るさ」のところにNight Shiftのメニューが追加されており、その下に低電力モードの状態ではNight Shiftは利用できない旨のメッセージが記載されていることが確認できます。

また、コントロールセンターでもNight Shiftのトグルボタンがタップできない状態になっています。例えばバッテリー残量が少なめで低電力モードにしている場合は、日没時間になってもNight Shiftが起動しないと思われます。

law-power_mode-night_shift_is_disabled
(C) : MacRumors

一定数のユーザーから不満の声も

iPhoneやiPadのバッテリー残量が少なく、かつ充電ができない状態にある場合に低電力モードを利用することが多いと思いますが、バッテリー残量が厳しい時でもNight Shiftを利用したいこともあるでしょう。

そういう意味では、今回の変更は少々残念でしょう。実際に、この変更に関しては一定数のユーザーから不満の声が上がっているということです。

ただNight Shiftは快適な睡眠のために利用する機能ですから、そもそも低電力モードにするのは外出時が多いことからすると、そもそも両方起動する必要となる場合があまりないようにも思えます。

自宅などに帰って充電できる状態にしてNight Shiftを起動することも可能なので、アップル社としては、低電力モードとNight Shiftを同時に利用することを想定していないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です