シェアして頂けると嬉しいです!

MacRumors、iPhone7に搭載されると噂のデュアルカメラのデモ動画を公開

アップル社が出願した特許に関する情報を元に作成された、iPhone7に搭載されると噂されているデュアルカメラのデモ動画が、MacRumorsのMatt Gonzalez氏によって公開されています。

Apple’s Proposed Dual Camera Interface Brought to Life in Video Demo

スポンサーリンク

デュアルカメラに関するこれまでの噂

アップル社は、1月にデュアルカメラに関する特許を申請しており、これが発端となり、ちょっと前まではiPhone7にデュアルカメラが搭載されるのではないかと噂されていましたが

iPhone7にデュアルレンズが搭載!?大手サプライヤーにもその可能性を裏付ける動きあり

最近では、iPhone7 Plusのハイエンドモデルとしてリリースされると予測されている “iPhone Pro” にのみ搭載される可能性も浮上しています。

デュアルカメラ搭載のiPhone7 Plusの名称は “iPhone Pro”!?

2台のカメラでより細かい表現が可能

話題のデュアルカメラのデモ動画がこちら。

デュアルカメラでは2台のカメラが異なる役割を果たすことにより、一回の撮影で2つのタイプの写真や動画を作成することができます。

背面には、標準の広角レンズ(Standard)に加えて、2台目の望遠レンズ(Zoom)も搭載されており、この望遠レンズにより、強調したい撮影の対象にフォーカスして撮影することができます。

iphone7-dual_camera_animation1
(C)MacRumors

iPhoneを横にした状態で撮影すると、左側に広角レンズの映像が表示され、右側に望遠レンズの映像が表示されるようになっています。iPhoneを縦にした状態では、広角レンズの映像が上に、望遠レンズの映像が下に表示されています。

また、広角レンズで撮影している映像の上を指でドラッグすることによって、望遠レンズでフォーカスして撮影したい部分を選択することができるようになっています。

iphone7-dual_camera_animation 2
(C)MacRumors

例えば運動会では、全校生徒や応援団が応援している様子や運動場の飾りなど、運動場全体の様子を撮影しながら、リレーで走っている子供の様子にフォーカスして撮影することも可能ですね。

デュアルカメラは、一回の撮影で別の角度から思い出の瞬間を残すことができるのはもちろん、撮影者も2つの映像を確認しながらその瞬間を共有できる点にも魅力があると思います。

iPhone6s / 6s Plusではカメラの画質が向上したのに加えて、Live Photosにも対応していることから、iPhoneのカメラ性能向上に焦点を置いているというアップル社の姿勢が窺えます。

この動きからすると、iPhone7シリーズのラインナップの一つにデュアルカメラが搭載されたiPhoneが加わる可能性もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です