シェアして頂けると嬉しいです!

Apple副社長、アプリを強制終了してもバッテリーの節約にはならないと断言

アップル社の副社長であるCraig Federighi氏が、iPhoneでアプリを強制終了してもバッテリーの節約にならないと断言したことが話題になっています。

スポンサーリンク

アップル副社長が明言

9to5Macが、マルチタスク画面でアプリを強制終了するとバッテリーの節約になるかどうかについて、アップル社のCEOであるティム・クック氏にメールで問い合わせたところ、アップル社の副社長であるCraig Federighi氏から「No and No」と断言する回答が返ってきたということです。

A 9to5Mac reader decided to ask Tim Cook for an official stance on whether he quits all his apps and if it’s necessary. Although Cook didn’t answer, Apple iOS chief Craig Federighi did with an unambiguous answer ‘no and no’ …

引用元:Apple’s software SVP says quitting multitasking apps not necessary, won’t offer improved battery life

iphone-battery_saving-apps_forced_termination
(C)9to5Mac

なんと、マルチタスク画面でアプリを強制終了しても、バッテリーの節約には何の効果もないことが判明しました。

控えることをオススメします

これまで、マルチタスク画面でアプリを強制終了するという方法がバッテリーの節約になるとささやかれていた時期もあり、時間があるときなどにそれを実行してきたユーザーも一定数いたようです。

しかし、残念ながらバッテリー節約の点では全く効果がないということです。

マルチタスク画面で全てのアプリを終了するのは結構な時間がかかり、定期的にそれをやるだけでもかなりの時間が無駄になるので、今後は控えたほうが良いでしょうね。

なおiPhoneのバッテリーを節約する際は、こちらの記事を参照してみてください。

【iOS9に対応】iPhoneのバッテリーを節約するための便利な機能まとめ

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です