シェアして頂けると嬉しいです!

docomoも3年目以降解約違約金が発生しない料金プランを発表しauの2年縛り廃止に追従へ

auに続いてdocomoも2年縛り廃止の方向に動き始めました。NTTドコモは2年契約満了後に自動更新を行わず、3年目以降に解約違約金が発生しない新料金プランの導入を発表しました。これで2年縛りを避けられない3大キャリアはソフトバンクのみとなりました。

docomo-student_discount1

スポンサーリンク

docomo新料金プランは通常よりも数百円高額に

先日、auが自動更新を廃止する方針出ることを発表しましたが、

auの解約違約金が契約から2年間までに!2年縛りの自動更新廃止へ

NTTドコモは、2年契約満了後は自動更新がされず、いつでも解約することができる新しい料金体系を導入することを発表しました。NHKが報じています。

NTTドコモ 「2年縛り」改善へ 新料金体系

これまで2年契約満了後の解約金がかからない更新月に解約し損ねると、再び2年契約となり、この2年間の間に解約すると高額な解約金がかかっていました。

今回の新料金体系では、初めの2年契約が終了すると自動更新がされず、いつでも解約することが可能となりますが、2年縛りの場合に比べて数百円高い料金設定になるということです。新料金体系の導入予定は今年の夏頃

auは自動更新自体を廃止する方針である一方、ドコモは自動更新のない新料金体系を導入しユーザーに選択の余地を与えているという点で両社の動きは異なっています。auはユーザーのデメリットがありませんが、docomoは2年縛り廃止の原資を値上げで調達するという状況です。現時点ではau優勢といったところでしょうか。

魅力は料金次第

数百円となると、100円台から900円台までが想定されるわけですが、新料金体系を導入する以上は、現行に比べて魅力的であることは必須でしょう。ドコモの解約金が10,260円(税込)であることを考慮すると、さすがに400円以上の値上げはないでしょうね。

となると、値上げとしては100円台から300円台程度が想定されるわけですが、この辺はユーザーの声や総務省による値下げ要請なども踏まえた決定がされることを期待したいところです。

ソフトバンクも両社の動きに追随すると見られており、今後の発表が期待されます(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です