シェアして頂けると嬉しいです!

キャリア3社、2年契約後は自由に解約可能な新料金プランを導入し足並みを揃える結果に

mobile_carrier-cashback_abolition

auとソフトバンクも、ドコモに追随し、初めの2年契約が満了すると自由に解約することができる新料金プランを導入する方針であるということです。

スポンサーリンク

3社が足並みを揃える結果に

先日、NTTドコモが初めの2年契約満了後は自由に解約可能な新料金プランを発表したことを伝えましたが

docomoも3年目以降解約違約金が発生しない料金プランを発表しauの2年縛り廃止に追従へ

日本経済新聞社の報道によると、auとソフトバンクも、ドコモに追随する方針であることが明らかとなりました。

携帯3社「2年縛り」緩和 契約期間後、自動更新せず

当初、ドコモが解約金を支払わずに解約することができる更新月を1ヶ月から2ヶ月に延長したのに対して、auが先陣を切って自動更新を廃止する方針であることが明らかになりましたが、最終的には3社が足並みを揃える形となるようです。

新料金プランでの差別化が焦点に

キャリアの場合は、余程気に入った端末がない限り、契約の決め手は料金の安さになることが多いので、やはりこういった動きにならざるをえない部分もあるのでしょう。

新料金プランでは自動更新がなくなるものの、その分料金が高くなってしまうので、その魅力は料金や割引条件次第という部分が大きくなるでしょう。他社からユーザーを引き込むためにはある程度の差別化も必要になってくるでしょうから、これらの点で各社の特徴が引き出されることに期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です