シェアして頂けると嬉しいです!

Macの電源アダプタを壁沿いに設置できる変換器 “blockhead” が便利そう!

Macの電源アダプタを壁に沿った状態でコンセントに挿すことを可能にした画期的な商品 “blockhead” が登場し、話題となっています。9to5macが公開している画像でその利便性は一目瞭然です!

Neat plug adapter turns Mac and iPad chargers into slimline units that fit behind your sofa

スポンサーリンク

スペース確保に一役!

例えば机やソファ、ベッドなどを置きたい場所に、しかも丁度邪魔になるところにコンセントが設置されている物件があったりします。通常のコンセントの場合はちょっとスペースを作れば良いような場所でも、比較的サイズの大きめなMacの電源アダプタだとこんな感じになってしまいます。

introducing_blockhead1
(C)9to5Mac

アップル製品は、他社の製品に比べてデザインや性能などの面で満足度が高い傾向にありますが、電源アダプタの形状に関してはちょっと微妙だと思っているユーザーもいるのではないでしょうか。

しかしBlockheadがそれを解決してくれます。Blockheadを取り付けた場合は、ソファと壁との間のスペースが最小限に抑えられていることが確認できます。

introducing_blockhead2
(C)9to5Mac

またMacの電源アダプタは重みで外れそうになったりすることも多いので、この点も解決してくれそうですね。

Blockheadという名称は、電源アダプタの出っ張り(head)をなくす(block)という意味が込められているのかもしれませんね。

ちなみにMacの電源アダプタだけでなく、iPad用の10Wや12Wの電源アダプタにも利用可能であるということです。

Blockheadの価格は2,000円程度

価格は19.95ドル(約2,000円)となっていますが、上記のメリットを考慮すれば購入するユーザーも一定数いそうですね。2個購入すると34.95ドル(4,000円弱)と数百程度安くなります。管理人もお部屋の状況次第では買うかもしれません。

アメリカでは4月下旬に出荷予定ということですが、日本での発売については触れられていません(′・ω・`)

もっとも、海外での売れ行き次第では日本でも発売されることが期待されますね。

なお話題の商品はこちらで紹介されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

Introducing Blockhead

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です