シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7が発売近い?Intel がiPhone用モデムチップを大量受注か!?

Apple社は、iPhone6s / 6s Plus用のモデムチップとして、アメリカのQualcomm社のLTEモデムチップを使用していますが、次期iPhoneとなるiPhone7のモデムチップについては、米QualcommとIntelの2社からiPhone用モデムチップの供給を受けるのか、いやいやIntelの一社から供給を受けるのか?といった憶測が飛び交っています。

Intel はこのために従業員を1,000人増やした模様ですが、正式な契約には至っていないということなので、世間一般的にはうわさの域を出ていないようですね。

スポンサーリンク

iPhone6s / 6s Plus の売上は過去最高

iPhone6s_6splus

今やiPhoneの売上は過去最高を更新しています。

Appleも以下のように発表しています。

2015年9月28日、Apple®は本日、新登場のiPhone® 6sとiPhone 6s Plusの2モデルが販売開始からわずか3日間で、新記録となる1,300万台以上を販売されたことを発表しました。

(中略)「iPhone 6sとiPhone 6s Plusの販売は驚くほど好調で、初めての週末における販売台数は、Appleの歴史の中で過去最高のものとなりました。お客様からの反響も素晴らしく、新機能の3D TouchとLive Photosは皆さまから好評を得ています。10月9日からは、さらに多くの国のお客様にiPhone 6sとiPhone 6s Plusをお届けできることを心待ちにしています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。

引用元:Apple press info:Apple、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの記録的な販売台数を発表

つまり、今やiPhoneが最も売れている時といえます。

iPhoneが売れている理由として、iPhoneの販売先が拡大されたことやiPhone4/4s/5/5s世代でiPhoneの購入を我慢していた人が購入するようになったことが考えられます。

実際に、私の周りでも今まで我慢していたけれどiPhone6sから購入したという人が何人かいます。

Android への注目も高まっている?

そして、10月下旬になり、そんなiPhone6sの売上も高止まりした一方で、MVNOのサービスがかなり拡充してきて、今後はユーザーの格安SIMに対する注目が高まってきています。

今後は、iPhoneだけでなくAndroidへの注目も集まり、ユーザーがAndroidの方へ流れるのではないか。

Appleは、その動きを見越してiPhone7の発売を急いでいるのではないかと考えられます。

実際に、Twitterを見ていると、iPhone6sをあえて購入せずにiPhone7の発売を待つユーザーも一定数存在するようなので、iPhone7が発売されればそれなりに高い売上は期待できると考えられます。

管理人個人としては、iPhone7がどういった進化を遂げるのか楽しみなところです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です