シェアして頂けると嬉しいです!

ソフトバンク、3年目以降は解約金なしで解約できる新プランを発表

ソフトバンクも、ドコモに続いて3年目以降は解約金なしで解約できる新プランを発表しました。

スポンサーリンク

提供は6月1日から開始

先日、キャリア3社が、3年目以降は解約金なしでいつでも解約可能な新プランを発表することで足並みを揃える方針であることを伝えましたが、ソフトバンクが、ドコモに続いて3年目以降は解約金なしで解約できる新プランを発表しました。

3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供、さらに現行料金プランの契約更新期間を延長

提供開始は、6月1日からということです。対象となるユーザーは2016年3月末以降に契約が満了となるユーザーとなっています。

同プランでは、通話し放題プランや通話し放題プラン(ケータイ)、通話し放題ライトプランがそれぞれ以下の料金で提供されます。

softbank-new_plan-no_termination_fee_after_two_years

3年目以降はいつでも解約が可能になる代わりに、通常の基本使用料よりも月額300円値上げされています。

S!ベーシックパックの料金やデータ通信利用料が別途かかるものと思われます。

スマ放題ライトは5分以内と通話し放題とネットし放題がセットになったプラン、スマ放題スマ放題(ケータイ)は24時間通話し放題とネットし放題がセットになったプランです。

更新月が2ヶ月に延長

また、同時に2年契約終了後に解約金を支払わずに解約できる更新月を従来の1ヶ月から2ヶ月に延長しています。

こちらの対象も、2016年3月末以降に契約が満了となるユーザーとなっています。

このプランで損をしないためには?

月額300円の値上げとなると、2年間で7,200円の値上げになります。ソフトバンクの解約金は10,260円(税込)ですが、初めの2年契約の間に7,200円支払うことで3年目以降はこの解約金を支払わずにいつでも解約することが可能となります。

もっともソフトバンクでも更新月が2ヶ月に延長されており、25〜26ヶ月目に解約をしても解約金がかからないことを考慮すると、結局は27ヶ月目に解約することになるでしょう。

さらに、契約から32ヶ月目以降に解約すると既に値上げ分だけで9,600円を支払っていることになり、通常の場合に比べむしろ損をしてしまうので、このプランで損をしないためには契約から27〜31ヶ月目の5ヶ月の間に解約をする必要があることになります。

このプランを契約する魅力は、損をせずに解約できる期間を5ヶ月に延ばすことができる点といえますが、値上げ分を支払ってまで5ヶ月に延ばしたいかどうかについてはユーザーの利用状況次第ということになります。

この点を十分考慮した上で検討することをオススメします。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です