シェアして頂けると嬉しいです!

バッテリー容量増加!?iPhone7のバッテリーとされる画像が流出中!

iPhone7のバッテリー画像が流出し、iPhone7シリーズのバッテリー容量が増加するのではないかと話題になっています。

スポンサーリンク

バッテリー容量はむしろ増加!?

MacRumorsによると、中国メディアであるDigiTechがiPhone7に搭載されるとされるバッテリー画像を公開しています。

New Images Depict Alleged 7.04 Watt-Hour Battery Designed for iPhone 7

iphone7-battery_capacity
引用元:网传iPhone 7靠谱爆料 Plus才有双镜头?

これによると、iPhone7シリーズのバッテリー容量は7.04Wh(ワットアワー)になる可能性があり、この数値は6.61WhであるiPhone6sや7.01WhであるiPhone6よりも大きくなっているということです。

7.04Whというのは、7.04W(例えば、1Vで7.04A)の電気を1時間使った時の電力量ということです。この電力量は、大体6ワットのLED電球を1時間使った時よりもちょっと多いくらいの量です。

量的には、iPhone6とほぼ同レベルであるものの、iPhone6sよりは少なくないという点に注目です。

薄型化に関する懸念

iPhone7シリーズでは、薄型化のためにイヤホンジャックが廃止されると噂されていることから、薄型化される分バッテリー容量が少なくなるのではないかと懸念されていました。

しかし、今回の情報ではむしろバッテリー容量が増加する可能性があるということなので、その点を心配していたユーザーには朗報といえるでしょう。

薄型化やイヤホンジャックの廃止以外にも、Dラインの廃止、デュアルカメラの搭載、防水機能の搭載(これについては可能性が低いという話もあり)などが噂されており、仮にこれらの噂がアップル社の意向通りだとすれば、iPhone7ではかなりの変更がされることになりますね。

今後も、続報を期待したいと思います(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です