シェアして頂けると嬉しいです!

LINEがMVNOに参入!月500円でSNS・ストリーミング音楽データ無制限、LINE年齢認証突破可能

24日、LINEがMVNOに参入するとプライベートカンファレンス「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」で発表しました。正式名称は「LINE MOBILE」になり、今年の夏頃サービス開始の予定です。

apps-line7

当初は月額500円の通信SIMのみの参入で、LINEの年齢認証を行えることや、LINE・Facebook・TwitterなどのSNSサービスや各種音楽ストリーミング配信サービスの通信料を無制限とすることなどが売りとなっています。LINEアプリについてはトークだけでなくタイムラインや通話も含め通信料を容量制限のカウント外とする「通信料無制限」となります(映像ライブ配信 LINE LIVEの通信料は除外)。

スポンサーリンク

docomo回線を利用で月額500円と安価

LINE MOBILEの通信はdocomo(MVNE)の回線を利用し、利用料金は月額500円からでプラン詳細は後日発表されるとのことです。

通話SIMに関しては当初の提供はなく、当面はLINE通話の利用を想定しているとのことです。

LINEの年齢認証を突破可能!これはMVNOでは初

LINE モバイルの最大の利点としては、各種キャリアでしかできなかったLINEアプリの年齢認証を突破できる初のMVNOとなる点ですね。

LINEの年齢認証をするにはキャリアのアカウントにログインする必要がありますが、MVNOではそれが行えず、LINEのID検索が利用できない状態となっていました。年齢認証を裏技で突破する方法はいくつかありますが、公式には利用できず、ユーザーがMVNOを利用しない一つの理由となっていました。

LINE MOBILEに関しては、LINEを提供するLINEモバイル自体が通話SIMの契約を引き受けるため、契約者の生年月日を把握する関係から認証が突破できるのが理由の一つではありますが、MVNO各社でも契約者の年齢を把握しているにもかかわらずいままで対策がされていなかったところを見ると、一つの差別化戦略とも考えられます。

各種SNSや音楽ストリーミングの通信量も無制限に!?

Twitter・facebook・LINEなどを利用する際の通信料は通信容量制限のカウントから除外されるため、実質無制限に利用可能です。

アプリでの利用に適用されるのは確実ですが、iPhoneのsafariでfacebookを見た場合はどうなるのでしょうか?facebookでシェアされたURLやYoutube動画をfacebookアプリでそのまま開いて(safariを使わずに)閲覧した場合にその通信容量はカウントされるのかについてはまだ謎ですが、仮にfacebook内で開いたURLに関しては通信量無制限となれば、見たい動画をTwitterやfacebookに投稿してからアプリで閲覧すれば通信料がかからないことになりますね。気になるところです。

音楽ストリーミング配信の通信容量無制限についても、当初はLINE MUSICの視聴のみが対象となりますが、今後対象サービスを増やしていく方針とのことです。例えば、Apple Music・Amazonミュージックなどが考えられる選択肢です。

特にAmazonミュージックに関してはAmazonPrime会員になっていれば無料で利用できるため、スマホをLINE MOBILEにしていれば音楽聴き放題になります。docomoなどのキャリアですらストリーミング配信は通信容量制限があるため、好き放題音楽を聴くと5GBじゃ足りませんよね。音楽試聴用にZenFoneMax等のバッテリー容量が多いAndroidスマホにLINE MOBILEのSIMを入れてiPod替わりに使うという使い方もできてしまいます

今後のMVNO他社の動きにも期待ができる

Freetelが自社のアプリを経由して通話することで1分・5分以内の通話料を無料として話題になりましたが、今後MVNO各社で無料枠が増えてくることになると思います。そうするとヘビーユーザーに関しても使い方によってはMVNOの運用コストは飛躍的に下がりますし、音楽・SNS・通話と大量に通信・通話するユーザーであっても、MVNOを2〜3社契約してスマホを数台持つことでかなりの低コストで大量通信できるようになるかもしれません。

特に管理人はMVNOの弱みである通話料をなんとか安くする方向に持って行って欲しいと思います。携帯番号を発信通知してくれるトークアプリの開発が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です