シェアして頂けると嬉しいです!

2017年には有機ELディスプレイを採用した5.8インチのiPhoneが登場!?

a_report_by_kgi-significant_renewal_in_iphone7s

2017年に登場するiPhoneでは大幅に改良され、有機ELディスプレイを搭載し、画面サイズが5.8インチのiPhoneが登場する可能性があるということです。

スポンサーリンク

外観デザインはiPhone4に近い!?

KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、大幅に改良されたiPhoneが2017年に登場する見込みであると予測しています。同氏によると、2017年に登場するiPhoneは有機ELディスプレイを搭載しており、外観の材質も変わるということです。今のところ、材質としてはガラス製・プラスティック製・セラミック製などが挙がっているそうです。

もっともガラス製が採用される可能性が高く、側面は金属製になることから、最終的にはiPhone4のようになると見られています。どうやらプラスティック製だと薄型化やなめらかなデザインを実現することが難しいようです。

KGI: Apple to revamp iPhone lineup in 2017 w/ iPhone 4-like design, AMOLED screen, 5.8-inch model

According to Kuo, Apple in 2017 will release a new iPhone with glass casing and an AMOLED display.

More specifically, Kuo believes that Apple will decide between glass, plastic, and ceramic casing for its 2017 iPhone, but that the company will ultimately settle on glass, much like the iPhone 4, “as plastic doesn’t offer thin and light form factor designs, and it would be not easy to precisely control the tolerance of ceramic.”

もっとも、iPhone4に似ているというのはあくまでも材質に限られ、ディスプレイは曲面となり、ベゼル幅が現状より狭くなると予測されています。

また、現状の5.5インチモデル(例えば、iPhone6 Plus/iPhone6s Plusなど)に代わり、5.8インチモデルが加わるとも予測されています。5.8インチとなると、4.7インチのiPhone6 PlusやiPhone6s Plusよりも画面サイズが大きくなるものの、端末そのもののサイズは小型化されるということです。

5.5インチモデルは大画面で見やすいことから、一定数のユーザーでは定評があるようです。5.8インチとなると、より見やすくなり操作もしやすくなりそうですね。

さらにiPhone7sでは、ワイヤレス充電や顔や目による生体認証にも対応すると予測されています。

2017年は新iPhone登場か?

Kuo氏は、2017年に登場するiPhoneが「全く新しいデザインになる」と予測しています。今までのiPhoneでは、iPhone5を除いてモデルナンバーが代わるごとに大幅なデザインの刷新が行われていましたが、iPhone7sは例外となるかもしれませんね。

iPhone7でもイヤホンジャックが廃止される代わりにステレオスピーカーが搭載されると噂されているので、iPhone7でも大幅な変更が期待できそうです。

今回の噂がアップル社の意向通りだとすると、iPhone7sは持ちやすさや使いやすさの面で大幅な改善が期待できそうですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です