シェアして頂けると嬉しいです!

Twitter、投稿する画像に420文字以内の説明を追加できるサービスを開始

Twitterは、Twitterに投稿する画像に420文字以内の説明を追加することができるサービスを開始しています。

より多くの方に画像をお届けするために

これにより、画像を見ることが難しい場合でも画像付きのツイートを楽しむことができるようになります。今回は、投稿する画像に説明を追加する方法について書きたいと思います。

twitter-character_limit_expansion

スポンサーリンク

iPhoneアプリの場合

今回はTwitterの公式アプリを使っていますが、サードパーティーアプリでもこの機能を追加できるということです。REST APIとTwitter Cardsで利用可能となっているということなので、詳しくはこちらをご確認ください。

まず、Twitterの公式アプリのアカウント画面を表示した状態で「歯車のマーク」→「設定」をタップします。

twitter-image_description1 twitter-image_description2

続いて「アクセシビリティ」をタップして「画像の説明を追加」をONにすれば、画像に説明を追加することができるようになります。

twitter-image_description3 twitter-image_description4

例えば、ある画像を追加すると、画像の左下に「説明を追加」というボタンが出てくるので、これをタップすると説明を書き加えることができます。

twitter-image_description7

説明の入力欄には、「目の不自由な方のために画像の説明を追加してください」という説明書きがあります。

今回の画像は以前このブログでも紹介した池袋のBAKEのチーズタルトなので、今回は「池袋のBAKE」と入力しました。説明は420文字まで入力できます。

twitter-image_description5 twitter-image_description6

追加した説明はツイートの文字数には含まれず、画像自体に埋め込まれるようですね。ぱっと見ただけではわかりませんが、通常の方法では画像を確認することが難しい場合に便利になるようです。

この機能により、Twitterでのコミュニケーションがより活発になることが期待されます。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です