シェアして頂けると嬉しいです!

iPhoneSEの部品の多くはiPhone6sと同じことが判明 iPhoneSEの分解レビューが続々投稿

iPhoneSEを分解するレビューが続々と投稿されており、その中で、iPhoneSEに使用されている部品の中にはiPhone6sに使われている部品と同じものがあることが判明しました。

iphone_se-disassembly_review

スポンサーリンク

分解レビューが続々公開

ChipWorksによると、iPhoneSEに用いられている部品の中には、iPhone6sに用いられている部品と同じものがあることが判明しました。

First iPhone SE teardown reveals mainly 5s/6s parts inside, but a few surprises too

MacRumorsによると、iFixitも分解レビューを公開しているようです。

Teardown Finds iPhone SE and iPhone 5s Displays Interchangeable

プロセッサやメモリなどは最新式レベル

まず、最も重要であるプロセッサには、iPhoneの中では最新式のA9チップが搭載されており、iPhone6sと同様となっています。

First off, the A9 chip used in the iPhone SE is the same chip used in the iPhone 6s.

また、2GBのメモリもiPhone6sと同じものが搭載されていることがわかっています。

驚くことに、搭載されているメモリのラベルの日付が昨年8月や9月になっていることから、このメモリはその頃から存在していたものということになります。すなわち、iPhone6sに搭載される予定であったメモリがiPhoneSEに搭載されたということになります。

Furthermore, the device is using the same 2GB LPDDR4 RAM that the iPhone 6s uses. Interestingly, the date of this part according to labelling is around August or September of last year, meaning that it has been sitting around in inventory since then and was likely originally intended for the iPhone 6s.

さらに、NFC関係のモジュールや加速度センサー、ジャイロスコープもiPhone6sのものと同じものが搭載されているということです。

もっとも、タッチスクリーンコントローラーに関しては、iPhone5sと同じものが搭載されているということです。これはiPhoneSEが3D Touchに対応していないことと関係がありそうですね。

iFixitによると、スピーカーやバイブレーション、SIMトレイなどもiPhone5sと同様のものが使われていることが判明しています。

iFixit found that the iPhone SE’s speaker, chassis, vibrator, SIM tray and display assembly, which includes the LCD, digitizer, front camera, earpiece speaker and proximity sensor are the same parts used in the iPhone 5s.

また、iPhoneSEのバッテリーは1,624mAhとなっており、1,560mAhであるiPhone5sを若干上回っていることも判明しています。

今回のレビューは、iPhoneSEが最新式iPhoneの性能を維持しつつ、小型化を実現した端末であることを裏付ける情報といえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です