シェアして頂けると嬉しいです!

iPhoneSEの耐水性は6sレベル SEの水没実験を行う様子が動画で公開される

iPhoneSEの水没実験の様子がYoutubeにアップされています。iPhoneSEを水没させた場合、iPhone5sやiPhone6sに比べてどうなるかが気になるユーザーはチェックしてみてください。

iphone_se-water_resistant_test1
(C)Zach Straley

スポンサーリンク

iPhoneSEの耐水性は6sと同レベル

公開された動画がこちらです。

この実験では、iPhone5s・iPhoneSE・iPhone6sを水が入れられた容器に浸してどれくらい持つかが試されています。5分・15分・30分・1時間毎に端末を水から上げて動作確認が行われています。

それぞれの端末で水から上げられている時間が若干異っているようですが、誤差の範囲でしょう。

結果的には、iPhoneSEの耐水性はiPhone6sとほぼ同レベルであることが判明しています。iPhone5sは水没から5分程度で完全に使えなくなったのに対し、iPhoneSEとiPhone6sは、1時間経過後でも問題なく動作していることが確認できます。

iPhoneSEの耐水性レベルは?

5分経過後

iPhoneSEでは、ホーム画面のスクロール・アプリの起動共に問題ないようです。iPhone6sでも、ホーム画面のスクロール・アプリの起動・3D Touchいずれも問題なく動作しています。

もっとも、iPhone5sは水没から5分経過した時点で画面にノイズが入りはじめ、その後完全に動作しなくなりました。

iphone_se-water_resistant_test2
(C)Zach Straley

動画では、15分経過後・30分経過後の実験も公開されていますので、iPhoneSEが水没した際の細かい変化が気になる方は動画をチェックしてみてください。

1時間経過後

iPhoneSEでは、画面スクロール・アプリ起動・カメラ起動・サウンド再生いずれも問題なく動作しています。もっとも、サウンド再生に関しては、水が入っているせいか若干こもったような音になってしまっています。

Lightningケーブルやイヤホンを差した時も、問題なく反応しています。

iPhone6sでは、ホーム画面スクロール・カメラ起動・3D Touch・サウンド再生いずれも問題なく動作しています。サウンド再生も非常にクリアです。

Lightningケーブルやイヤホンを差した時も、正常に反応しています。イヤホンに関しては30分経過後のテストでは反応しなかったにも関わらず、今回はなぜか正常に動作しています。おそらく何らかの形で水が排出され反応が回復されたのでしょうね。

より短い時間で反応が悪くなる実験結果もあり

他にもiPhoneSEの水没実験が行われており、この実験では、10分経過した時点でiPhoneSEでホーム画面をスクロールしたところ、少々反応が悪い場面が確認できました。

さらに、15分経過した時点でiPhoneSEの画面が真っ暗になってしまいましたが、再度電源を入れなおすと問題なく動作しています。

iPhone5sとの比較もされていますので、気になる方は動画をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です