シェアして頂けると嬉しいです!

ZenFone 2 Laserで撮影した画像に位置情報を記録させない方法

今回は、ZenFone 2 Laserで画像に位置情報を記録させない方法について書きたいと思います。

スポンサーリンク

記録される位置情報はかなり正確

カメラの場所サービスがOFFになっていると、撮影された画像に撮影場所の位置情報が記録されてしまい、それをブログやSNSなどにアップロードすると、見ず知らずの他人から位置情報を読み取られ、自分の自宅が特定されてしまうおそれがあります。

しかも、この位置情報は渋谷区近辺といった大まかなものではなく、詳細な経度・緯度まで分かってしまうというほど正確なものなので、写真をアップロードしたユーザーが写真をアップした具体的な場所まで分かってしまいます。

ただ、アメブロやTwitterなどの大手のサービスの場合はしっかりと対策が施されているので、たとえ位置情報が記憶された画像を投稿しても、位置情報が自動的に消去される仕組みになっています。

しかし、そういった対策が施されていないサービスを利用しうっかりと画像をアップロードしてしまう可能性もあるので、念のためカメラの場所サービスをOFFにしておくことをオススメします。

カメラの位置情報サービスをOFFにする方法

iPhoneの場合は「設定」のところで位置情報について一括で管理できますが、Androidは個別に設定するようになっているようです。

カメラの場合の設定方法は簡単です。

カメラを起動すると、左上に表示された「設定」マークをタップします。

android-camera1

そうすると、メニューを表示したポップアップがでてくるので、場所サービスにチェックをつけます。

android-camera2

これで設定は完了です。

ネットは、些細なことから事件に発展することがありますので、位置情報はしっかり管理して自分の身を守りましょう。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です