シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone6/6 Plusでタップできなくなる「タッチ病」が多発中!保証期間中であれば早めの修理・交換を

IFIXITによると、iPhone6/6 Plusを利用中のユーザーの間で、画面の上の方にグレーのノイズが出現し、タップ操作ができなくなったり、タッチに反応しづらくなるといった現象が生じ、話題となっています。

iphone6_6_plus-touch_bug

スポンサーリンク

端末の曲がりやすさが原因

iPhone6/6 Plusは初の薄型化がされた端末である上に、筐体にはやわらかい素材のアルミニウムが用いられていることから、端末が曲がってしまう現象が多発して話題となりました。

今回のタッチ病も、端末の曲がりやすさが原因となっているようです。長年の使用によって次第に端末が曲がっていき、中の基盤に設置されたタッチ操作をコントロールするためのチップが基盤から外れることによって、タッチ操作に不具合が生じているようです。

iPhone6/6 Plusを利用中の方は、現時点でタッチ病が生じていなくても、強い力が加わりがちなポケットの中や重い物が一緒に入ったカバンの中に入れるのは控えた方が良いでしょう。

タッチ病の対処法は?

一度端末をねじるとチップと基盤の接触が改善されるのか、一時的にタッチ操作が可能になる場合があるようですが、かえって状況が悪化する場合が多いようなので控えたほうが良いでしょう。

保証期間内にあれば、AppleのGenius Barで交換や無償での修理(端末の状況によっては有償)が可能です。修理業者に依頼すれば安く修理してもらえる可能性がありますが、その場合Appleの保証対象から外れてしまうので注意が必要です。

現状では、Apple社は回収の決定はしていないようです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です